12 2011

リネンの母シャツ

毎年、悩む母の日のプレゼント。
今年は、台襟付き半袖シャツを手作りしました。

着る人を選ばない、ブラック×ベージュのギンガムチェックのリネンです。
ろ、60代女子でもOKですよね?!
P1010732.jpg


この布、端にステキなラインが入っていました。これは見逃せない!
しっかり、前立てに活かしました。
をこのシャツのチャームポイントにしちゃいましたよ!
裾スリットの補強と袖のステッチにもをチラリ。
P1010744.jpg P1010740.jpg 

裏ヨークはパープル×ブルーの花柄でちょっぴり華やかに。
胸ポケットにはタグもつけて。ボタンは黒系の二つ穴貝ボタンです。
P1010741.jpg P1010743.jpg P1010747.jpg

そうそう、型紙をアレンジしてアームホールを1㎝広げました。
自分用のウェア作るときも、いつも必ずそうします。
二の腕が太いのは親譲りですから~!!
お○りが少しでも隠れるように裾は後ろを長めにしています。

P1010749.jpg

いつも活発でお転婆な60代女子は、これ着て、ジムでも、山登りでも、ドライブ旅行でも、ボランティアでも、スポーツ吹き矢でも、どしどし行ってくださいな。
ずっと、元気で、どれも続けられるといいね。 
来月は父の日、さ~!すぐ父シャツに取り組まなくては!




【リネンの母シャツ】

*作時 2011.05
*型紙 『ソーイング・トーク』(茅木真知子/文化出版局/2005.04)より
     n.シャツ11号をアレンジ
*生地 リネン100% ブラック×ベージュのギンガムチェック
     中厚(ネットショップで購入)
     裏ヨークはコットン100%、黒の貝ボタン6ケ
*針糸 普通地用、黒、赤
*難度 ☆☆☆☆ 台襟付シャツの襟は何度やっても難しい。長袖に較べれば
     袖口カフスがない分は楽。
     後ろ身頃中央に4㎝タックを入れ、アームホールを1㎝広げ、
     後ろ裾を長めに変更。
*愛度 ?    気に入ってもらえるといいけど。   
*備考 洗濯機可 アイロン高温
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment