23 2018

2018 大相撲 初場所 観戦記

-1115549.jpg


不祥事続きの大相撲界ですが、意外にも?わたしは連日、テレビ桟敷で中継を楽しんでおります。


ここ数年は、横綱大関が登場する上位戦より、むしろ幕下上位5番あたりに価値を見出してきたわたし。
数年前にそこらあたりにいた若手力士がどんどん十両・幕内に上がって上位の土俵が活気にあふれてきました。
波乱なくマッタリすぎて行くはずの初日~5日目あたりの横綱大関戦も目が離せない面白さ!
いまの若え衆は横綱大関にも気後れせずに勝つ気まんまんで立ち向かうのよねえ。
稀勢の里の絶不調&結局また途中休場にがっかりしつつも、純粋に取組を楽しんでいます。
大砂嵐は!も~。これは残念ながらアウトだね。


横綱鶴竜の見事な復活には拍手を送りたい!
元気な若手を横綱相撲でことごとく退けています。
崖っぷちから、どうやってここまで戻したのか、稀勢の里にこっそり教えてあげてほしいくらいですが~。
昨年の九州場所時点で述べたように(⇒コチラ)、いまの稀勢の里の心技体の衰えは一場所や二場所休んだくらいでどうこうなるレベルではないように思われます。
嘉風玉鷲、今場所の栃ノ心のように30歳を過ぎてさらに強くなる力士もいるわけですが、30前後で引退を迎える力士が圧倒的に多いことも事実。
「横綱は孤独」
「同情されるようになったら横綱はおしまい」
歴代横綱の、こんなことばがグサグサと突き刺さります。
わたし自身は覚悟を決めておこうと思っています。
無防備でいてショックで何日も寝込んだりすると生活に支障をきたすわな。


栃ノ心は今場所、成績がよければ師匠に頼んでジョージアに帰国させてもらうそう。
昨年11月に生まれた長女のアナスタシアちゃんに初めて会うそうです。
奥様、里帰りして出産なさったのですね。
こりゃ、今場所、がんばるわけだわ!


若手が目立つ一方、アミー(安美錦)豪風の、味わい深い超ベテランコンビの不調は気になります。
休場していたアミーは今日から復帰とのことですが、どうかな~?
そういえば、中日に『ゴルゴ13』のさいとうたかをさんがゲスト出演されてましたね。
作品のなかに登場する力士がアミーそっくり・・・というか、そのもので笑っちゃいました。
さいとう先生、アミーの大ファンだそうです。
近頃の力士は太りすぎだと苦言を繰り返していらっしゃいました。


若手を卒業して「中堅どころ」となった?遠藤正代もまだまだ存在感を見せてほしい!
昨日の雪のなか、場所入りする遠藤の画像を見ましたが蛇の目傘をさして神々しいほどに粋で美しかったです。眼福♪


十両・幕下以下も注目力士が目白押しですよ!


十両はエコちゃん(琴恵光)絶好調!優勝も狙えるかも。
貴源治はもう幕下に戻ったりしないよね?
隆の勝も強くなりましたね~。


幕下では湘南の海が大注目です!
高田川部屋はいい長身力士が多いやね。
炎鵬はケガにくれぐれも気をつけてほしいな。
宇良も来場所は幕下陥落となってしまうでしょうが、手術をしたそうなので早い復活を望みます。


朝青龍の甥っ子、豊昇龍を前相撲で見ましたが・・・・・・すごい逸材ですね。
大鵬さんのお孫さん、納谷もすごいんだけど、ぬ~、それ以上かな~?


不祥事続きでウンザリ気味ではありましたが、やっぱり相撲は面白いなあ。






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment