FC2ブログ
29 2017

サビてしまった針を復活させるには?

横綱・日馬富士が引退届を提出。
そうなってしまいましたか・・・・・・。
横綱がこんな形で角界を去ることになるのは、本当に残念です。


今日のお題は縫い針&まち針のサビについて、です。
その昔、祖母が使っていた針山にはよくサビた針が刺さっていたっけ。
ちかごろの針はめったにサビることはありませんね~。
たまたま今回、サビた針に遭遇しましたので、復活させる方法を調べてみました。


お手軽な方法として、ネット上でよく紹介されているのが「アルミホイルでこする」という方法です。





さっそく実践してみました!


ところで、サビた針ってどんな状態なの?ご存じない方もいるかもね。
黒いところがサビですよ。
P1140431.jpg


ちなみにサビた針を使うと(一応、やってみた)針通りが悪くサビのところで止まってしまいます。
力を入れればサビ部分をなんとか通過することもできますが、危険ですし生地も傷めそうです!


ホイルで挟んでこすってみます。
少しこすったら、ホイルの場所をずらしてまたこすって。
P1140433.jpg


こすった後がコチラ。。。
P1140437.jpg


・・・・・・確かにサビの黒は薄くはなりましたが完全には取れません。
そうとう、しつこくやったんですけど。
針通りも多少はよくなりましたが元通りというわけにはいかず。
ぬ~。


結局、わたしは「サヨウナラする」選択肢を選びました。ごめんよ。
ただでさえ手縫いはデリケートで難しい作業なので、いらないストレスは絶対に増やしたくないのです。
針に感謝して成仏を祈ります。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment