25 2011

冬のルームシューズ

寒い寒い今年の冬。
もうひとつ、暖かいルームシューズを作ることにしました。

ちなみに今、履いているのはこんな風です。
これは、ちょっと前に手作りしたもの。
P1000292(3).jpg

お気に入りのパープル系アメリカンコットン、内側はコットンリネンのニットです。
脱いだり履いたりしやすい、左右の区別ないバブーシュ風のこのカタチがわたしの定番です。
P1000297(1)_20110124141554.jpg

さて、作りますか!
ルームシューズはとにかくパーツが多い!並べきれませんが…。
足底にはすべらないよう合皮を使い、内側はコットンウールで。
あとはキルト芯をめいっぱいはさみ込みます。
P1000282(1).jpg

着なくなったウールの冬物スカートから布をとりました。
P1000298(3).jpg

何枚も布を重ねるので、分厚くなって縫うのが大変です。
手縫いじゃないとできないところもあるしね。もう、少し!
P1000307(3).jpg

ひっくり返して完成です。一気にカタチになる、この瞬間が感激!
P1000308(3).jpg

履いてみました。暖か~い
ちょっとレトロなデザインのテープをつけてみました。
よいアクセントになったかな?
P1000318(3).jpg

ちょっとテープがよれて曲がってしまいました…無念よのう。
既製品のようにしっかりしたつくりにはならないけれど、ペタふんわりと、足にそっと寄り添ってくれるようなところが嬉しい手作りのルームシューズなのでした。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment