26 2016

流行りに乗って!?ガウチョパンツ作りました

昨日、美容院で15cm髪を切ったわたし。
ですが、帰宅した夫はまったく気がつかず。
こんなとき、どうする?

1.どこまで妻に無関心なのよ!と責める
2.気づくまで、やきもき待つ
3.もはや夫が気づかないことに無関心

結婚して数年は1.でしたが、最近は3.ですね~。
達観・・・。



黒のガウチョパンツを作りました。
P1120701.jpg


すごく流行ってますね~、ガウチョパンツ。
日曜日に吉祥寺に行きましたが、紺か黒のガウチョパンツにGジャンを合わせるコーデが目立ちました。

呼び方もいろいろあるようで。
スカンツ、スカーチョ、ワイドパンツ、フレアパンツ・・・・・・etc。
昔はキュロットスカートって呼んでたよね?
細かい違いがあるのかもしれませんが。

わたしは若い頃からこのカタチのパンツが好きで、流行りに関係なく常に着ておりました。
どこにも売ってない時期もありましたけど~。
ソーイング始めてからは自分で作れるようになったし。
気分は「ふっふっふ。時代がやっと追いついてきおったか!」






型紙は『大人のパンツとスカート (Heart Warming Life Series)』より。
D-1 「ヨーク付きロングワイドパンツ」 ↑ 表紙の真ん中です♪
この本はいろんなデザイナーさんの作品が2~3品ずつ載っていて、このパンツはNANATONEさんのデザインです。


黒の薄手のウールで作りました。
ウールといえば秋冬素材ですが、これは薄くてしなやかな生地なので春夏秋向き。
むしろ、真冬は薄すぎて無理ですね。


平置きすると、こんな風です。丈は長めのくるぶし丈。
P1120707.jpg


本では総ウェストゴムでしたが、前はゴム無しに変更しました。
P1120708.jpg


ウェスト以外は本の通りに作りましたが・・・・・・型紙通りだと、又上がすご~く長くなっちゃいます!
サルエルパンツみたい。
わたしの体形がおかしいの?ってレベルじゃないかも。
出版元の日本ヴォーグ社のHPを見てみましたが特に訂正はないようです。ぬ~???
仕方ないので、いったんヨークをほどいて調整しました。


ヨークの裏はSOULEIADO ソレイアード の綿ローン生地「プティット・フルール・デ・シャン」マリンブルー地 です。
表からは見えないけれど、自分だけのお楽しみ♪
P1120709.jpg


ウェストインでベルトをしても、トップスを外に出しても。
P1120703.jpg     P1120704.jpg


ご覧くださり、ありがとうございました!
P1120710.jpg
タグ、まだ仮置きです~。






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment