04 2011

応援!メイド・イン・東北関東!「とちおとめ」のコンフィチュール

イチゴもそろそろ終わりの時期が近づいてきました。
このころになると、小粒で不揃いなのが安く手に入るようになります。
つぶらな「とちおとめ」をたっぷり買ってコンフィチュールを作りました。
P1010306(1).jpg

「とちおとめ」は関東地方随一のイチゴ産地、栃木県産です。
今、東北・関東地方では農作物全体の出荷が減り、価格も下がっているとか。
農家の方々のご心痛を思うと、胸が苦しくなります。
メイド・イン・東北関東を応援します!
小売店の方々も、仕入れ段階で除外せず、どんどん店頭に並べて欲しいです。

小粒だからヘタ取るだけで、OK!
カットせず、イチゴのカタチそのまま煮込みます。
取ったヘタさえ、いとおしい…。
P1010310(1).jpg

きび砂糖を大さじ2くらい?ふりかけてよく混ぜます。
しばらく置くと、じわじわと水分が出てきます。
P1010315(1).jpg

レモン汁を加えて火にかけます。
途中でハチミツを加えました。
このへんの順番はどうなんでしょう?
あまり、気にせずやっています…。

い~い香りが部屋中にただよいます。至福のとき…。

できました~!
この、鮮やかなストロベリーレッド!惚れ惚れしちゃいます。
なんだか元気出てきそう…。
P1010321(1).jpg

すぐ食べる分はボンヌママンの空きビンに詰めて、あとはジップロックに入れて冷凍します。
ジャムにくらべて低糖度なので保存は基本、冷凍です。
我が家はヨーグルトと一緒に食べることが多いです。
(今、ヨーグルトは品薄ですが…)
もちろん、パンやスコーンでもいいし、アイスクリームにかけても美味しいです。
P1010326(1).jpg

実はこんなのも作っていました…。

*小さく晩白柚コンフィチュール*P1010265(2).jpg

以前、もらった晩白柚の皮でコンフィチュールを作ったのですが…。
この写真を撮影したのが3月11日午後2時43分。
そう、地震3分前です。
まだ煮込み途中だったのですが、この後、それどころではなくなり、ほったらかしに。
翌日、続きをしましたが、なんとも中途半端な出来になってしまいました…。残念…。




関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment