26 2016

【ゆるっと糖質制限】ふすまパンのニオイを何とかしたい!

条件付き(⇒コチラ)で細々と続けている【ゆるっと糖質制限】シリーズです。


前にも記事にしましたが(⇒コチラ)、富澤商店で「ふすまパンミックス」を買い自家製ふすまパンをホームベーカリーで作っています。
見た目と食感はまずまず許容範囲。
・・ですが、どうしてもニオイが気になる!
大豆粉からくるのでしょうか?青臭いと言うのか、独特のニオイなのですよ~。
なんとかすべく、研究してみました。


1.くるみ
大き目のくるみ投入ではまったく効果がなかったので、かなり念入りに細かく砕いて「くるみプードル」風にしたものを入れてみました。
すこーしはニオイ軽減したような気がしますが、これではまだまだ。
それに当然ですが、これだと「くるみパン」になります。
あきずに食べるにはプレーンなパンにしたいところ。


2.香料
「え?香料?一種の添加物だよね?人工的でヤな感じ~」、「せっかく手作りなのに、そんなの入れなくても」と、はじめは思いました。
でも、お菓子作りには「バニラエッセンス」や「バニラオイル」を別に抵抗なく使いますよね。
それと同じなわけで、トライしてみることにしました。

楽天で、こちらの三点を購入。
左からミコヤ香商「フレッシュミルクフレイバー」、「キャラメルフレイバー」、「焦がしバターフレイバー」です。
P1120358.jpg     P1120359.jpg

さっそく一番期待!の「焦がしバターフレイバー」を入れて作りました。
量の目安がまるでわからないので、20~30滴は入れたかな?入れ過ぎ?
捏ねている間や発酵時間は、すごいニオイがして少し気分が悪くなるほど。
しかし!焼きが始まると漂ってくるのはいつもの「ふすまパンフレイバー」。あら?

結果は惨敗。なんの変化もありませんでした。
結局、これは熱にまるで弱い香料で、ある程度の温度以上になるとすっかり香りが飛ぶみたいです。

もっとちゃんと調べてから買えばよかったァ~ 
けっこう高かったのにィ~~~ 夏の夜空にこだまする貧しき民の叫び声

*その後の末路*
「フレッシュミルク」(ミルキーのような練乳のような香り)⇒自家製豆乳アイスクリームに活路を見出しました!
「キャラメル」⇒ミルクティーに入れて。この程度の熱でもすぐ香りが飛ぶので飲む直前に入れます。
「焦がしバター」⇒いまのところ用途なし。たぶんこのまま消費期限をむかえそう 


3.すりごま

P1120360.jpg     P1120361.jpg

高価な「アーモンドプードル」の代用に「すりごま」が使えると、どこかで聞きかじってひらめきました。
多孔質な感じが、ふすまパンの消臭(?)にイケるんじゃないかと。

試しに20%程度を置き換えて焼いてみました。

今回は目先を変えてテーブルロールに。
P1120199.jpg

あまり期待していませんでしたが・・・おや?焼きが始まっても例の「ふすまパンフレイバー」がしない!
普通に香ばしい、いい香りが~。

焼き上がり後に確認すると・・・まったくないわけではありませんが、かなり抑えられています。
食感も、ややすりごま感が残るものの気になるレベルではありません。
これは、嬉しい!

でね、思うでしょ?「いいけど、それはごま味のパンになってしまうのではないか?」と。
ところが、なぜかごまの風味も味もほとんどしないのですよ。
ごまがみずからの身を犠牲にして、ふすまパンフレイバーの侵攻を防いだようなのです。泣ける・・・。
なるべく細かいすりごまの方が効果があるみたいです♪

ご存じの通り、「すりごま」はお安いので心置きなく使えるのもナイス。
糖質量も【ゆるっと糖質制限】のわたしには問題ないレベルです。



と、いうことで、無事に実験終了。
手痛い出費もありましたが、今後は「すりごま」を頼りに美味しいふすまパンを作ります






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment