01 2011

新一年生セット その1 (全3回)

友人から、この春、小学一年生になる女の子の袋物作りを頼まれました。
頼まれたのは、靴入れ、体操着入れ、音楽袋、小きんちゃく袋、雑巾、などなど。

3月初旬、病院通院日の帰りに、手芸店に寄ってみました。
手芸店は当時、入園&入学フェアー真っ盛り!
専門のコーナーもあります。
お子様連れのお母様たちで、カット台もレジもすごい行列!です。
アニメキャラクター布の前から離れないお子ちゃまと、それは避けたいお母様とのせめぎ合いも毎年の風物詩?

普段、オトナものしか作らないので、小さい子のものを作るのは、とても楽しい♪です。
いつもは遠くから眺めるだけの、キュートな布とかレースとかチロリアンテープとかを本気モードで見られるし。
ここぞとばかり、デコラティブ魂全開で臨みますっ!

…ところが、なぜか創作意欲がわく布が見当たらず。
いつもはひとつに絞るのが難しいくらいなのに。なぜだろう…?
わたしのイメージは、友人のお嬢さんの雰囲気に合わせて、可憐で品良く清楚な布
…ないのよ、これが!
目に付くのは、アニメキャラクターもの、色彩強烈ラメ入りのもの、パッチワーク調プリントなどなど…。こういうのが、今年の流行りなの?
パッチワーク調は悪くはありませんが、わたしは余白の美を愛するのです!
男の子用の布は一時期より、色柄ともに、すごく数が増えてるのになあ。
結局、何も買わずにお店をあとにしました…。

家に帰って探してみたら…。
以前、気に入って買った布の中に、ピッタリのがありました!

P1010296(2).jpg

P1010297(2).jpg

オフホワイトとピンクがベースの淡い色調のプリント生地です。
アルファベットと戯れる子供たち、ちょっと、アンティーク風。
無地と組み合わせて、持ち手は裏をチェックにして、裏地はこれとこれと…と一気にプランができ上がりました。

裁断と布のはぎあわせまで、したところ。
P1010260(2).jpg

ここまでくれば、あとはもう少し、楽勝だ♪と、すっかり油断しました…。
来週はじめにはできるよ、と友人に連絡したのが3月11日の午前中。
午後に地震がきてしまいまして…。
この後、長らくこのまま手付かずになってしまうのでありました。
(友人よ、すまぬ…)

「新一年生セット」その2へ続きます…




参考;「1時間でつくれる!通園通学バッグとこもの-持たせてあげたいグッズがいっぱい!-」(寺西恵理子 著、PHP研究所、201012)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment