07 2011

シャツワンピの型紙作り

昨日はあんなに暖かだったのに、今日は雪ですよ…。
この時期のお天気はホント気まぐれですね。

暖かくなったらすぐに着たい!シャツワンピの型紙を見つけました。
「-5つのベースパターンで作る-フェミニンスタイル」(松本仁子 文化出版局 201102)です。
早くもカタチにしてらっしゃる方もいらして、俄然、ヤル気アップです!
やっぱり完成品を目にするとモチベーション上がりますね~!
(そのステキなプニッコロンさんのシャツワンピはコチラ)

型紙作り、いくつか方法がありますが、わたしはソーイング本or雑誌に付いている実物大型紙から写すことが多いです。使っているのは手芸店で買った、ロールのハトロン紙(下が透ける薄紙)です。
P1010233(2).jpg

けっこう慣れているわたしでも、この型紙、かなりわかりにくかった…。
特に、衿周りは線が入り乱れていて、何度も確認しながら写しました。

アレンジは今回、少なめです。
肩まわりを+1cmゆとりを持たせ、裾が曲線なので三つ折りではなく見返しに変更しました。
P1010245(2).jpg

何がイヤって、肩まわりがキツイ服ほどイヤなものはない!とわたしは思います~。二の腕が太すぎるのがモチロン悪いんですけどね…。
肩まわりがキツイ→手が動かし辛くて、自然と猫背になる→肩がこる→頭痛になる、という負のスパイラルが発生!
既製品だと、他がピッタリでも肩まわりだけキツイってことが多くて。
そういう時は、仕方なく大きめを買っていました…。
自分で作る服は、他はピッタリのまま、心地よい&程よいゆとりを持った肩まわりにアレンジできるので、ホント嬉しいです!

P1010242(2).jpg

シャツワンピはパーツがどっさり!今日はここまで、です。

実はまだ、どの布使うか、決めていないのでした…。
裁断して、まだこれから、の冬物も残っているし、シャツワンピはその後かなあ…。
今週は冬物のラストスパートかけることになりそう。


関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

サワらか  

Re: タイトルなし

プニッコロンさん、コメントありがとう!

そうなんですよ~!わたしの弱点、肩まわりデス。
最初のころは、どこをどう直せばいいのか、わからなくて
合うパターンを求めてさまよう「パターン渡り鳥」を繰り返してましたっけ…。

ニットだとその点、安心ですよね。

シャツワンピ、でき上がるのいつだろう…が、頑張りますっ!
くじけそうになったときはプニッコロンさんのス~テ~キ♪な「お手本」見て元気だしますから!

2011/03/10 (Thu) 22:44 | EDIT | REPLY |   

プニッコロン  

プニッコロンです!
肩にゆとりを持たせて着心地の良いようにアレンジをされるとは。。。さすがですね!
確かに肩周りがキツイとしんどいですね。
せっかく作っても、そんな服だと作っても袖を通す機会はないでしょうし(涙)。
私がニットで作った服が好きな理由の一番は
この点です。
布帛は布帛の良さがあるのだと思いますが
なかなか自分の体型にしっくりとくるパターン
を見つけるのは難しいですね(*^^)
シャツワンピの完成を楽しみにしてます☆

2011/03/07 (Mon) 23:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment