30 2014

豪栄道が大関に昇進!(大相撲名古屋場所特集)

今日は大相撲名古屋場所特集です。
興味のない方はごめんなさい~。


 豪栄道 関 大関昇進 おめでとうございます

今場所は素晴らしい内容でした!
何より立合いがよくなって押し負けることがなくなりました。
苦し紛れの引きはたきも見られませんでしたし。
もともと定評があった相撲勘のよさと技の切れに磨きがかかり、流れのある相撲を場所を通してとることができましたね。

でも、大関昇進は、少々びっくり。
先場所が8勝どまりだったので、あとひと場所様子を見るんだろうな、と思ってましたが。
白鵬を破ったのが評価されたんですね~。ついに万年永久関脇から卒業しました!
口上の「大和魂」は親方のお考えかな?いいじゃないですか!
アレ?いつ、大関当確ラインが直近3場所合計33勝から32勝に下がったのでしょう?
(A.あの方からです・・・)

豪栄道(我が家での愛称;ゴーちゃん)関といえば、思い出すのは豪太郎(本名)赤ちゃん時代。
新十両に昇進して晴れて関取となると、テレビ中継の合間に「関取紹介コーナー」に出演することになっています。
アナウンサーと一対一の対話形式で、プロフィールや相撲との出会い、これまでの歩み、今後の目標などが紹介されます。

そのコーナーで、毎場所、わたしが楽しみにしているのが関取の子供のころの写真が見られること。
幼稚園、小学校の同級生の他のお子様数名と一緒に写っていて、「ひ、ひとりだけ大きな子が!」ってシチュエーション(←大好き♪)が多いです。

ゴーちゃんのときは、生まれたばかりの赤ちゃんのころの写真だったのですが・・・すんごい大きい赤ちゃん!
それもそのはず、なんと4500グラムだったそうですよ。

がんばって、4500グラムの赤ちゃんを産み育てた、お母様も大関昇進をさぞお喜びでしょう。



↓ わたしが以前、入り待ちで撮影した豪栄道豪太郎さん
   現在は183㎝、156キログラムに(これでも現在の幕内では「小柄扱い」されます)。

   豪栄道



豪栄道の活躍もあり、名古屋場所は、いつになく盛り上がりましたねー。
幕内だけではなく、十両の優勝争いや幕下上位の昇進争いも見応えがある場所でした。
満員御礼もたくさん出てましたし。

あの方(注1)がさっさと優勝戦線から離脱なさった  ので、F県つながり(注2)で途中からは琴奨菊関を応援してました。
久しぶりの日本出身力士の優勝なるか!と朝からドキドキしながら千秋楽の土俵を見守りましたが・・・結果は納まるところに納まった、感じ。
気分は、柳川市の水の郷(注3)で柳川市民と心はひとつ、だったんですが。
キクも充分、がんばってくれましたけどね。

まだまだ、力不足だってことなのでしょう。あ~あ。
かたや、30回も優勝する人がいるってのに・・・。



豪栄道が、今場所のような相撲内容を維持して横綱を期待される大関になりますように。
日本人大関が3人揃ったところで「トリオ・ザ・オーゼキ連中」(注4)が復活しませんように。
自他共に認めるライバルの栃煌山が「ゴーエードーが先に大関に!ウキ~!悔しい~!!!」と奮起して大化けしてくれますように。





【注釈】

1) 大関 稀勢の里 関のことを示す、このブログだけの秘密のワード。
   命名は旭天鵬ファンのmegosuriさん
   キセが好調なときは普通に「キセ」「稀勢の里関」と表現されるが、不調だと、ズバリ名指しでふがいなさを
   なじるわけにもいかず「あの方」と婉曲になるケースが多い。

2) このブログの管理人の身内にQ州はF県出身者が多数含まれることによる。

3) F県柳川市出身の琴奨菊関が千秋楽まで優勝にからむ活躍を見せたため、名古屋場所14日目と千秋楽
   の2日間、柳川市総合保健福祉センター水の郷エントランスでパブリックビューイングが開催された。
   多数の柳川市民が応援に駆け付け勝負の行方を見守るも・・・。
   終わったあと、どうなったんでしょうね?
   枕草子の「除目で司得ぬ人の家」みたいになったんでしょうか。

4) NHKの大相撲専属解説者・北の富士勝昭さん命名。
   かつて魁皇、千代大海、栃東の日本人3大関が、やっとこさ勝ち越したり、カド番を繰り返したり、揃って
   ふがいなかったころに3人をまとめて、こう呼んでいた故事に基づく。




 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

サワらか">

サワらか  

Re: やっぱり白鵬でしたね

サワらか">

megosuriさ~ん

コメントせざるをえないような記事の書き方をしてしまいましたね~、ゴメンナサイ!
わたしもmegosuriさんのブログ、いつも楽しく拝見しています。

megosuriさんがコメントで命名してくださった「あの方」という呼び方、わたしとっても気に入ってまして楽しんで使わせてもらってます。

そっか、megosuriさんは、お忙しくて、ほとんど今場所はご覧になれなかったのですね・・・。

実は、わたしも、あの方を差し置いて鶴竜が横綱になった先々場所から、急激に観戦モチベーションが下がりまして・・・。鶴竜が悪いわけではないのですが~。
中継時間に家にいても観ないことも多くなったのですが、今場所の後半はけっこう熱心に観ました。
やっぱり面白いね!大相撲♪と改めて感じました。

ウチの夫いわく「白鵬はA級横綱で、ハルとカクはCマイナスくらいだよな」とのことです・・・。
確かに。金星配給マシーンになってるような。

あ・・・あああ、あの方の今場所は、すっかり「あの方」でした・・・。
序盤で早々と星を落とし、なんと9勝6敗という、さんざんな結果。
でも白鵬には勝つ、という奇妙な「あの方」らしさも。

来場所は、いよいよ!旭天鵬関が幕内歴代最年長、しかも40代の大台乗せ記録を作る場所です。
もう、盛り上がること必須です。


ベビ太ちゃん、ベビ次郎ちゃん、ベビ三郎ちゃん・・・あ、三郎はまだか(←来年あたり?)の育児とお仕事、
家事にハンドメイドと毎日フル回転のmegosuriさん。ホント、頭が下がります。

どうか、頑張りすぎることなく、ほんわかマイペースでmegosuriさんらしくブログも続けてくださいね。
愛読者の願いです。

お時間あれば、また遊びに来てくださいね☆

2014/08/01 (Fri) 10:45 | EDIT | サワらかさん">REPLY |   

megosuri  

やっぱり白鵬でしたね

サワらかさん、こんばんは!
コメントさせていただくのは久しぶりですが、
いつも楽しく読ませていただいてます。

今場所、おもしろかったようですね〜!
観たかった。

もしかしたら琴奨菊が優勝するかも、なんて話は聞こえて
きていたのですが、「えっ本当に?」と半信半疑なところもあり…。
たまたまテレビをつけたら、ちょうど千秋楽結びの一番で、白鵬が日馬富士を鮮やかにくだしているシーンでした。
実況のアナウンサー、「さすが横綱」って言ってませんでした?
日馬富士も横綱なんだけど…と思いましたが、そう言いたくなる気持ちもわかる、と思ってしまいました。
私、3人の横綱、みんな好きなんですけどね、やっぱり安定感では白鵬ですよね〜。

それにしても豪栄道が大関とは驚きました。
豪栄道も好きな力士の一人ではありますが、でも…。

あの方は今場所どんな感じだったのかしら??
命名が私だなんて、うれしい紹介をしてくださって
ありがとうございます♪


それから、旭天鵬と若の里戦、若の里が勝って「一歳若い分で自分が勝てた」というようなことを言い、旭天鵬も「負けたけどさわやか」というようなことを言ったらしいと聞いて、その一番、観たかった〜と思いました。

サワらかさんは今場所ばっちり観戦されたのでしょうか?

2014/07/30 (Wed) 23:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment