19 2014

この春、おススメの新刊ソーイング本

春はソーイング本の季節です。
秋口も多いけど、やっぱり春!
初心者さん向けの本は断然、春が多いですし。
「今年はどんな本が出るんだろ~♪」と本屋さんのソーイングコーナーを訪ねるのも楽しみ♪

この春の新刊でおススメはこの本。

作りたいのはすっきり見える服作りたいのはすっきり見える服
(2014/04/18)
香田 あおい

商品詳細を見る


ハンドメイドの服ってのは「ゆるゆる」で「だぶだぶ」なもの。
「すっきり見え」や「着やせ」をハンドメイド服に求めるのは酷ってもんだぜ、セニョリータ。

・・・そんなハンドメイド服のイメージをガラリ!と変える、これまでにないソーイング本です!

フレアやギャザーの位置と分量、ウェストマークに、こだわり満載です。
「こんな技ありのデザインなら・・・わたしも細見えするかも?」と希望を抱かせる服の数々。
作ってみたい!と思う服がたっくさん。眺めているだけでワクワクする本です。

「ファスナー表づけしてアクセントに」
「市販のキャミソールに布を縫いつけてアンダードレスに」
など素敵なアイデアも載っています。
サイズ展開が7号~15号と、幅広いのも便利ですね。

作り方の解説は、イラストだけで、かなりあっさりめです。
写真を使って順を追った詳しい解説はないので、服作りに慣れてない方には副読本が必要かな?




そうそう、春に出る新刊ソーイング本と言えば・・・。

ワンピースがいちばんワンピースがいちばん
(2014/04/11)
茅木 真知子

商品詳細を見る


ソーイングファンにはお馴染みの茅木真知子さんの新刊ですよね。
今年は「ワンピース」メインです。

こちらもチェックしてみました。
モデルさんは登場せず、いつものトルソーとハンガー掛けで服を紹介、作り方解説もイラストであっさり、という内容、構成はいつも通り。

今回、残念ながら、これ!と思うデザインはありませんでした。
「アラ?これ、以前の茅木さん本で見たデザインにそっくり・・・」なんて既視感ありありのものが目立ったような。
もう何冊も持っているだけに、期待値が高いだけに、見る目も厳しくなっちゃいます。

出始めのころの茅木さん本は「どの服も大人っぽくてシンプルなデザインがおしゃれ♪本の作りも素敵♪」と思っていましたが、今回は全体に少々やぼったく感じてしまいました。ごめんなさい~。



・・・いずれにせよ、新しいソーイング本を読むと、モチベーションが上がりますね!
ここのところ、スカートを連続で作ったので、次は何を作りましょう?
ブラウスがいいか?ワンピにしようか?

ここで夫の声;「アンタの布団カバーが前から破れてるじゃない、早く作れば?」
そうか、布団カバーだった・・・。




 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment