28 2014

井の頭公園の「かいぼり」を見学

連日、テレビやネットのニュースで話題の、井の頭公園の「かいぼり」作業。
実際に見てみたくて、夫の散歩コースを井の頭公園方面にしてもらい一緒に行ってきました。

聞き慣れないことばですが・・・「かいぼり」とは?
=掻い掘り
池から水を抜き、堆積したヘドロや土砂を除く作業のこと。
昔は農業用の「ため池」で農閑期に必ず行われていた身近な作業だったそうです。
今では水質改善や外来魚駆除の目的が主だとか。

2017年に開園100周年を迎える井の頭公園は、記念事業の一環として今後「かいぼり」を数回行うそうです。
池底を掃除して水草を植えたり、外来種を駆除して在来種を保護し、100年前のきれいな井の頭池の姿を再現する計画だそうです。

うわ!いつもの風景が一変。潮干狩りの干潟みたいだ!
P1080898.jpg

あ~あ、ゴミがたくさん・・・。
自転車が200台も出てきたんですって?
P1080899.jpg

ちょっとショックですね~。
みんなが大事にしている憩いの井の頭公園に、こんな悪さをする人がたくさんいたとは。
井の頭弁天様の神罰が下るぞい!

池の魚も外来種がたくさん発見されたようですよ。
「何者かが持ちこんだ」外来種の魚がバシバシ繁殖して増えてたそうで。
外来種って、どうして見知らぬ異国の環境にすぐ慣れるんかな?不思議。
苦労して、せっかく駆除しても、すぐまた「何者かが」持ちこんで、元通りになりそう。
ずっと見張ってるわけにもいかないしねえ。

シュールな光景・・・。
P1080901.jpg

「だいぶ、ヘドロ臭いね。コレ、夏場にやってたら大変やったね」と夫。
あ~、だから、水は冷たくて厳しいけど、冬にしたんかな?ナルホド。お疲れさまです。

義父は掘割に囲まれた水郷の城下町の出身なのですが、子供のころは「かいぼり」が楽しみだった、と夫は聞いたことがあるそうです。
魚や貝が取り放題で、ワクワクする楽しい思い出だったみたいですよ。

わずかに残った水場に遊ぶ鴨さんたち。
P1080904.jpg

身を寄せ合うスワンボートたち。
P1080903.jpg

ボートは3/20までお休みです。
P1080897.jpg




 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment