02 2013

USAコットンでブラウスを作りました(∞)

久々のソーイング記事です。
先週から、ソーイング・モチが右肩上がりにアップしてます。
今年一番の上昇気流かも?

あれこれ、出来上がってますよ~。
早くこちらのブログにアップしたかったのですが、ミシンに熱中しすぎて時間がなくて…。

P1070878.jpg   P1070877.jpg

まずは、ノースリーブ・ブラウスをご紹介します。
昨年、作ったブラウスとほぼ同じカタチの、USAコットン・シリーズ第二弾です!(⇒第一弾はコチラ)

個性的で面白い柄が見つかるUSAコットン、これもひと目で気に入ってストックしていた布です。
「何の柄なの?」って聞かれても困るんですけど…。バネ?落書き?
自分では無限大(∞)模様と呼んでいます。
遠目にはアフリカンな雰囲気もあるな~。

型紙は『ソーイングナチュリラ1』(主婦と生活社/2008.10)より。
あちこちマイナーチェンジしています。

P1070819.jpg   P1070820.jpg

P1070886.jpg   P1070887.jpg


ベーシックなカーディガンやジャケットと合わせようと思っています。
こんなオモシロ柄をちらり♪とのぞかせる、着こなしが好きです。

今回、ずっと挑戦してみたかった実験をしてみました。
それは「折り伏せ縫いで、裾のスリットを作る!」です。

ゴメンナサイ、ソーイングをなさらない方にはわかりにくいかと思いますが。
「折り伏せ縫い」は、縫い代をもう片方の縫い代でくるんでミシンで縫う方法です。
男性のワイシャツによく見られる、縫い代が外に出ない丁寧な縫い方です。

わたしは普通にロックミシンやジグザグミシンで処理した縫い代よりきちんとした方法だと思っていたのですが、洋裁本の解説を見ると、むしろ「折り伏せ縫い」はカジュアル向きらしいですね…?
表側にステッチがひとつ余計に出てしまうからでしょうか。

まあ、それはどちらでもいいのです。
とにかく、わたし、「折り伏せ縫い」が大好きなんです~

手作りならでは!の縫い方だし、縫い代が肌にあたらない機能性も好き♪です。
ジグザグより糸の消費が少なくて済みそうな?ところも好ましい♪

ところが!
シャツやワンピースの裾にスリットを作りたい場合、「折り伏せ縫い」だと上手くできないのです…。
スリットの縫い目と脇縫いの縫い目が、どうしても上手くつながりません。
醜くずれてしまうのです~

ソーイング本にも、裾スリットの場合は、必ずジグザグミシンで縫い代を割る、と載っています。
いろんな本を探してみましたが「折り伏せ縫い」でスリットを作る方法は見つけられませんでした。

ちなみに「ガジェット」と呼ばれる小さい三角▽の布で、縫い目のずれた部分を隠す方法は、わたし好みではありません。
それなしで、スッキリ美しく!仕上げたいのです!

この「折り伏せ縫いで、裾スリットォ~!しかも美しく!」の問題に悩み始めてから、早や数年。
最近、シャツの袖のあきを何度か縫ううちに、これを応用すればできそう…?と、かすかな光明が

こんな、メモ紙でスリット部分のカタチを作って、切ったり貼ったり、あーでんこーでん考えて…。
   P1070888.jpg

こうなりました!

   【 オモテ 】
   P1070882.jpg

   【 ウ ラ 】
   P1070883.jpg   P1070884.jpg

オモテもウラも、めくっても、一応、きれいに出来ました。

ガジェットの代わりに、つなぎ目はカンヌキ留めで補強しました。
布の柄から一色とって、ターコイズブルーの糸を使って手縫いです。
かえって、それがポイントになって、いい感じに。

やり方はこれで大丈夫みたいですね。
何度か縫えば、もっときれいにできるようになるでしょう!

積年の課題がクリアできて、爽やか~な気分です。
ちょっとでもスリットがあると、脱ぎ着がとてもラクになるのですよ(最近、気が付きました!)

あ~、すぐにでも、次を作りたい~!
珍しく燃え上がるソーイング・モチベーションであった ←いつまで続く?


 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

サワらか">

サワらか  

Re: すごーーい!!

サワらか">

megosuriさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

いえいえいえ~。
ここにたどり着くまでに何年もかかってるんですよ。
さっさと挑戦すれば数年早くできたかもしれないのに~。

ターコイズのカンヌキ留めは「ちょっと、どうかな?」とやや心配だったので、megosuriさんにお褒めいただいてとっても嬉しいです♪

失敗ごまかし力(りょく)も大事なソーイングスキルだと思いますよ!
何とかごまかす方法を思いつくのも、そこまで頑張ったからこそ。

ほぼ毎日、針を持って、ブログに記録もしっかり残して、努力してらっしゃるmegosuriさんなら、すぐに何でもきれいに仕上げられるようになると思います。継続はチカラなり~です!

ちなみに、わたし、リッパーを酷使しすぎて先っちょを折っちゃいました(金属なのに!)。
今、二代目です。

また、遊びに来てくださいね☆

2013/09/03 (Tue) 18:22 | EDIT | サワらかさん">REPLY |   

megosuri  

すごーーい!!

サワらかさん、こんにちは!
やっぱりサワらかさん、すごい人ですね!!
とてもきれいなスリットです。
ターコイズの糸もきゅっときれいで素敵です。

夕べ夜中に、きれいな仕上げにこだわって、実際に成し遂げられたのを読んで、ちょうど失敗をなんとかごまかした直後の私はただただため息でした…。

折り伏せ縫い、カジュアル、なんですね。
私はなんとなく見た目も着心地もすべてよしの上等テクニックだと思っていました。
ジグザグ縫いは、私が下手なのもあるかもしれませんが、本当にこれ、効果あるの?という感じだし見た目も汚いし…。

また次の記事も楽しみにしています。

2013/09/03 (Tue) 13:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment