22 2012

バッグをリメイクしました、が。

P1040223.jpg

このブログを始めるよりも、ずっと前に作ったバッグふたつ。
最近は出番が少なくなっていました。シワシワでゴメンよう。

ブルー系のバッグは大好きなんです。
服装にそもそも色が少な目なので、差し色になるから。

しまいこんでいても、もったいない!
ふたつを合わせてひとつのバッグにリメイクすることにしました。
(気が急いて、左のバッグはハサミを入れた後、慌てて撮影…)

こうなりました。。。
P1040253.jpg

「ヴィンテージファブリックでつくる雑貨とバッグ」(イシカワカオル・2009.06・㈱グラフィック社)より。
この本の表紙の「コンビショルダー」に魅かれ、ぜひ作ってみたいと飛びつきました。

作り方も面白い。2種の布を風車の羽のように組み合わせて縫い合わせます。
P1040224.jpg

今一つ、出来上がりイメージがわからないまま、本の通りに作ってみました。
その通りに作れば本の表紙のようなステキなバッグになるはず~。わくわく。

出来上がってみると…あれ?すごく底マチが広い!25㎝×25㎝もあるよ。
もっとしなやかな、カラダにそう感じのバッグだと思ったんですけど。
P1040254.jpg

内袋も再利用しました。マチ付きのポケットを付けて。
P1040257.jpg

平置きするとこんなカタチ…。
P1040256.jpg

だいぶイメージ違うんですけど…と思いながら、使ってみました。

やっぱりバッグの底マチが広すぎて、身体+バッグが普段より異常に幅広です。
駅の改札もカニにならないと通れなかった…。

確かにモノはたくさん入ります。スイカも丸ごと入るでしょう。が。
荷物が少なくても、多くてもバッグのカタチはがっちり不変です。
幅広人間は行動を非常に制約される~。

スーパーの乾物売り場を軽やかに通り過ぎようとしたら、何かにそっと引っかかった感触が。それも本当に微妙なタッチ。
念のため振り向くと、塩が一袋、棚から床に落ちちゃってる!
麩やとろろ昆布じゃないよ。塩1㎏の袋だよ。
後ろにいらしたマダムが笑いながら拾ってくださった。もう、平謝りに謝りましたよ~。

やっぱり、幅広パワーが普通じゃないよ、このバッグ。
わたしはスーパーの陳列棚や図書館の書棚みたいな狭~い通路をウロウロしなきゃ生存できないのに。
マチを狭く仕立て直して使いやすくしないと、またまたお蔵入り確実ですね、これは。
アイデアをひねり出さなくては…。




関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

サワらか">

サワらか  

Re

サワらか">

りえぴさん、コメントありがとうございます。

ほめていただけて嬉しいわあ~♪
わたしも見た感じは悪くないと秘かに思っているのですが、なんせ使い勝手がね…。
何とかバッグのスリム化をはかろうと、ない知恵しぼって考えています。
それともスイカ運搬用にこのままにしておこうかいな?

急に涼しくなりましたので、おからだにお気をつけくださいね☆

2012/09/27 (Thu) 22:42 | EDIT | サワらかさん">REPLY |   

りえび  

これいいねー。非常にサワらかさんらしいイメージです。
スイカの季節は終わっちゃったけどね。
また美味しいものを捜し求めてください。
何を入れるのが良いかな

2012/09/27 (Thu) 00:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment