11 2011

接着芯をキレイに貼るには?

先日アップしたストライプのシャツワンピは接着芯を貼るパーツがたくさんありました。
襟、台襟、カフス、前立て…などなど。
接着芯をウラに貼ることで、生地をしっかりさせて型崩れを防ぎます。

今までは、生地と接着芯と、それぞれ別々に型紙をあててカットしてから貼っていました。
でも、接着芯はふにょふにゅして、型紙通りに切るのは難しい!
微妙にカタチがずれて、うまく貼れなかったり…。

そこで今回、接着芯に直に生地のパーツをのせてカットする方法を試してみました。
アイロンの先っぽでちょいちょいと何か所か押さえてだいたい固定。
(アイロンにのりをつけてしまわないよう注意!)
カットしてあらためて全面しっかりアイロンします。
P1020165.jpg

この方がラクだし、正確にキレイに全面に貼れます!
これから、この直置き方法で行こう♪
例によって、こんなこと当たり前だったらスミマセン…。

それにしても、夏場のアイロンは大変です。すぐに汗だく
床に落とした型紙をうっかり素足で踏むと、ぴっとり足裏にくっついて取れないし。
ソーイングにアイロンは必需品だし、しばらくはガマンですね…。




関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment