あした 家で すごすなら

シンプルなオトナ服と雑貨をメインにハンドメイドを楽しんでいます。                                             さて、あしたは何しましょう…?

夫はつねづね「キセ(稀勢の里)って五月人形みたいでいいよな~」と言ってたんですが、ホントに登場しました!

⇒ 「優勝の感動味わって…稀勢の里の五月人形を展示」 ヨミウリオンライン 2017.03.28

とりあえず、展示用らしいけど、これ、絶対に大人気で製品化されると思うわ!


-1115549.jpg


日曜日からメディアは稀勢の里一色。すごい注目度です。
わたしも新聞を読んでは涙し、ネットニュースに涙し、テレビで「あの映像」が流れるたびに涙し、でした。
今日になって、ようやく手ぬぐいも乾き、落ち着いたので冷静に振り返ってみます。

つい情に流されましたが、「ケガ」とか「重圧」とか「責任」とか抜きに、事実だけを淡々と追ってみると。
千秋楽の本割は横綱が格下の大関相手に待った含め二度の立ち合い変化。
優勝決定戦も一方的に押し込まれたうえでの土俵際での一発逆転。

ぬ~、どう贔屓目に見ても褒められた内容ではありません。
はっきり「横綱としてどうなの?」ってレベルですわな。

稀勢の里のケガばかりがクローズアップされたけど、照ノ富士の膝も相当悪かったらしいです。
14日目照ノ富士の対琴奨菊戦変化はブーイングの嵐で、稀勢の里の変化はOKってのもおかしな話。

そう、照ノ富士サイドに立って考えてみると、けっこう可哀想なのでした。
ちなみに照ノ富士の右膝が壊れたのは2年前の秋場所、稀勢の里戦でした。

膝をケガしてからの長い低迷にくさらず優勝を争うまで復活した、照ノ富士も頑張ったじゃないか!
稀勢の里とともに、今場所をここまで盛り上げた照ノ富士の頑張りもしっかり讃えなくてはいけない。
そう強く思いましたので、しつこく追記した次第です。

とはいえ、稀勢の里の優勝が素晴らしいことに変わりありません。
「連日満員御礼、みんな新横綱の自分を見に来てる」
「看板横綱のひとりとご当所大関が早々と休場してる」
「ほかの2横綱は優勝争いどころか金星配給に尽力してる」
「休んだら全国の相撲ファンをがっかりさせる」
「とにかく休場=不戦敗が大嫌いなんじゃ~!」
そんな責任感や信念のほかに意外と「勝算」もあったんじゃないかと今日になって思います。
左腕は使えなくても、鍛え上げた下半身には自信があるぞ!足で相撲をとるぞ~!と。
彼にとっては決して「強行出場」ではなかったのかもしれませんね。

それでも、左腕はこんな大変なことになっていた ⇒ 読売新聞 写真部のツイート

「ほっときゃなおる」なんてインタビューで答えていたけど、ちゃんと病院へ行っておくれよ!!!
先生の言うことをちゃんと聞いて、しっかり治してね。
あと、土俵入りのせり上がりはもうちょっとタメてね!
(↑注文が多い!)



さあ、春場所が大団円に終わったので、次はフィギュアのワールドです!
あしたからだよ~!





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
スポンサーサイト
新横綱 稀勢の里関 
春場所 優勝 おめでとうございます


手ぬぐいが涙と鼻水で乾く間がない・・・・・・ニュースで取組が流れるたびに泣ける~
少し乾いたと思ったら、生出演のNHK「サンデースポーツ」を見て、また「うるっ」と。

P1130428.jpg
↑愛用の『濱文様』の「相撲手ぬぐい」

ケガを負った身で、まさか、本割と決定戦の二番を勝ち抜くなんて!
まったく力を出せずに敗れた昨日の相撲からは思いもよらない結果となりました。
こんなことって・・・・・・あるんですね。

表彰式の冒頭、「君が代」の斉唱中に・・・・・・ああ、キセが泣きよる~。
わたしも相撲手ぬぐいがますます手放せない状態。
今日は時間がやたらに押してて、ここで放送が時間切れ。
優勝力士インタビューがライブで聞けなかったのは残念でした。

15日間の疲れが出て、照ノ富士の膝も相当、悪い状態だったんだろうな~。
それしかないってわかってる土俵際の小手投げを残せないんだからね。
それ以上に、前日の琴奨菊戦で変化した気持ちの後遺症が尾を引いていたような気もします。
「心技体」というけれど、ホントに「心」の重要さを痛感した場所でした。

「できれば休んで欲しかった」わたしの気持ちはいまでも変わりませんが(頑固モン!)
どうしても出場したかったキセの気持ちも尊いと思います。
批判や罵倒をすべてを背負い、出場を決意し、痛みに耐えて相撲をとり、勝って優勝をつかんだ。
2場所連続優勝という素晴らしい結果となり、新横綱の責務を立派にはたしてくれました。
稀勢の里を応援してきた身として、こんなに誇らしいことはありません。

P1130430.jpg

稀勢の里はいまや力量も精神性も高みに到達し、日本を代表するヒーローとなりました。
手の届かない、遠いところへ行ってしまったなあ。
もう、ふざけて「あのお方」なんて呼ぶのはやめにしなくては。
いつまでも手元において可愛がりたいのはやまやまですが、ここは気持ちよく送り出してあげよう。
さようなら「あのお方」、これからもよろしく「横綱・稀勢の里」。
・・・・・・でも、また、みっともない相撲をとったりしたら復活するかもよ~?

ケガは結局、どんな具合なのか、はっきりわかりませんね。
サンデースポーツでもケガの詳細については、まったく話しませんでした。
あのお方・・・じゃなくて稀勢の里らしい。
とにかくケガをしっかり治して、次場所に備えてほしいです。
あっという間に優勝回数が5回、10回と積み上がりそうな嬉しい予感がしています。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
-1115549.jpg



わたしの「初日から連敗、金星配給マシーンとなるかも?」な悲観的憶測をものともせず、12連勝した新横綱のあのお方
昨日の日馬富士戦で土がつき、しかも左肩から胸あたりにケガまでしてしまいました
痛いとか痒いとか、絶対に言わないあのお方がうめいててすごく痛そうでした・・・・・・。

「あ~、これは残り二日の休場はやむなし、連続優勝の絶好のチャンスを逃すのは残念だけど、からだが大事、しっかり治して次の場所にそなえ・・・・・・え?」なんて考えていたら。
なんと!今日、出場するっていうじゃありませんか!
ぬ~、横綱としての責任感なんでしょうね。
大阪のファンに申し訳ない、優勝争いで盛り上がっているのに水をさしたくないという・・・・・・。

わたしとしては休場してほしかった。
左はあのお方の武器ですからね、ここで無理して悪化させてほしくない!
力士生命にかかわるような事態になったらエライことだし。
新横綱で12勝は優勝できなくても立派な成績じゃないか!休んで大丈夫だよ。
でもあのお方が出るというなら見守るしかありません。

今日の相手の鶴竜もすごくやりづらいだろうな~。
明日はおてる(照ノ富士)か。
もう勝ち負けはどうでもいいのでケガの悪化だけはないよう祈っています。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
型紙(パターン)がたまってきましたので整理しました。

わたしは、こんな風にB4とA4サイズのクリアファイルに分類して入れてます。
「布帛トップス」、「ニットトップス」、「ワンピ」、「スカート」、「パンツ」、「メンズ」などなど。
P1130419.jpg     P1130418.jpg

「バッグ」、「帽子」、「ルームシューズ」、「マスク」などパーツが細かいものは封筒に入れてます。

ぜ~んぶ、見直した結果。
これだけ処分することにしました。
P1130420.jpg

何度も使ってボロボロになった天寿全う型の型紙もあれば、一度も使っていない型紙も(←けっこうあり)
・・・・・・そのときは、ヤル気まんまんで型紙を作っても、あとで心変わりしちゃったんですねえ。
ツレナイアナタ。

型紙をゲットするにはいくつか方法がありまして。
ネットショップからダウンロードとか、既製の型紙を購入とか。
わたしはソーイング本から型紙を写し取るのが大好きです♪
ちょい面倒ではありますが、一番リーズナボーですし。
「わーい、どんな生地で作ろう~?」とか「ここは少しカタチを変えようかな~?」とか、ウキウキ&ワクワク。
型紙作り自体が楽しいので、その後出番がなくても、それでヨシとしてます(←?)

ロングスカートとかフレアワンピとか、面積の広い型紙は細かいパーツにリユースできるので、別にしてとっておきます。

春はソーイング本のシーズン。
もう、何冊かチェックしましたが、作りたいものがチラホラ。
・・・・・・また、すぐ増えちゃいそうです






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
連休最終日、いかがお過ごしですか?
関東地方はいいお天気になりました。

さて。
おしゃれにいうと「ピンクッション」
恐ろしげにいうと地獄の「針山」
「針刺し」、とも呼ぶかな?

おしゃれにいきましょう~♪
春なので新しい「ピンクッション」を作りました!

P1130394.jpg

わたしは重さのあるピンクッションが好きなので土台は陶器やガラスにします。
型紙を布に置くときのウェイト(重し)にも兼用できますしね。
理系には縁がないわたしですが、今回はビーカーを使いました!

P1130395.jpg

ビーカーの中には紫や青や緑の泡がどくどく。
なにやら怪しげな実験中みたいですね~。
むかーし、テレビで深夜にやってたB級映画みたいな?
ほら、低予算で全体に画面が暗くてボンヤリしてるあの感じ。
タイトルは・・・・・・そうですね、『怪奇!バイオ博士の異常な島』とか?

バイオテクノロジー分野に天才的な才能を持つ博士は孤独だった。
理解を示さない世間に背を向けて孤島にひきこもり実験に没頭する。
ついに美少女型人工生命体を作り出すことに成功する。
彼女とふたりきりの生活を楽しむバイオ博士。
しかし平和な日々は長くは続かなかった・・・(つづく)

注)つくりばなしです

今回のピンクッション、中身は羊毛フェルトで作りました。
今は100均で道具も材料も手に入るので初心者のわたしも簡単にトライできます。

P1130411.jpg     P1130403.jpg

羊毛を丸めて、ひたすら針をグサグサ刺すとだんだん固くしまってきます。
あ、ちょっと針が斜めに入ったかな?と思った瞬間、針の先がポッキリ。
やっぱり100均製ですからね~。
二本目はまっすぐ刺すように注意したら、その後は最後まで行けました。

バイオ博士の孤島にリゾート開発業者一行がやってくる。
砂浜で出会った社長の息子と美少女は恋に落ち、ふたりで島から逃れようとする。
激怒したバイオ博士は狂気の実験を繰り返し破滅への道をひた走る。
やがて、島は大爆発。
バイオ博士の実験も、リゾート業者の野望もすべては砕け散ったのだった(終わり)

注)つくりばなしですから

ビーカーにセットした後も、こんもりした形になるようにちくちく。
P1130408.jpg     P1130409.jpg

完成!さっそく使っています。
羊毛フェルトだけあって針の刺し心地がいいですわ~
P1130399.jpg

これからも針を刺したり抜いたりするたびに少しずつ羊毛がしまっていくのかな?
育っていくピンクッションです!





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ