あした 家で すごすなら

シンプルなオトナ服と雑貨をメインにハンドメイドを楽しんでいます。                                             さて、あしたは何しましょう…?

21 2017
いろいろ試しましたが、やっぱり脱げてしまうんですよね~ 
フットカバー、というのかな?
パンプスやローファーのなかに履く、あの薄い靴下のことです。

注)わたしの足ではありません。これは参考画像です!



「脱げにくい!」とうたっているモノでも、ほぼ確実に脱げます!自信たっぷり!
脱げたフットカバーが靴の中でモジャモジャしている不快さと言ったら!
さらに、かかとに付いている滑り止めのシリコンでかぶれたりと、もう、さんざん・・・・・・。


そんなわけで、最近はこればっかり履いてます~、快適♪
フットカバーというよりは、足指カバーが付いたインソール?
そもそもかかとがないので、脱げようがないのだ♪

P1140255.jpg

とっころが!こればっかり履きすぎて、親指に穴が!
これ、確か千趣会で買ったんだと思ったけど・・・・・・もう今は売っていません。
シンプルな作りなので、着古した肌着をリメイクして自分で作ってみることにしました。


P1140179.jpg


甲の深さ別に3種類作りましたよ!
一番上の・・・・・・縫い伸びてビヨヨ~ンとなってしまいました~。
着用には問題ないし、いいや!
P1140260.jpg


甲が浅いタイプはパンプスに。
P1140259.jpg   P1140263.jpg


甲中くらいの、縫い伸びビヨヨ~ンはローファーに。
P1140256.jpg   P1140264.jpg


甲深めタイプはビルケンに。スニーカーにもよさそう?
P1140258.jpg   P1140265.jpg


3足を履きまわせば、そう簡単に穴が開くこともないでしょう。
穴が開いたのも繕って、まだまだ履き続けます!






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
スポンサーサイト
台風に翻弄された三連休でしたね~。
肌寒かった日曜日から一転、昨日は30℃超えのジェットコースター気候。
体調を崩された方もいらっしゃるのでは?
わたしもおとといから喉が痛くて風邪薬を飲んでいます~。
これ以上、悪化しないよう免疫を高めなくては!


P1140158.jpg


先日、ご紹介した、クロスステッチのポットマットとコースター(⇒コチラ)ですが。
完成後、「刺し子より、だいぶ時間がかかって大変だったな~♪でも頑張った!」なんて、満足感にひたりながら眺めていると。
でっ!間違えてるところがあるじゃないyo!
P1140163.jpg

刺してる途中は気がつかなくても、でき上がってみると上下左右対称なので、すぐわかります。

P1140157_20170919122755514.jpg


どどどどど、どーする???


クロスステッチで一目だけ間違えたのを後から直すのってどーするの???
足りなかった場合は刺し足せばよいのでかまいませんが、問題は上の画像のように刺しすぎちゃってる場合。
糸はずっとつながっているわけですから、一カ所だけ切るとか、できませんよね。
前後の、相当な量をほどかなくてはならないのか・・・・・・ ドヨ~ン


ここで、ひらめいたのは日光東照宮の陽明門のこと。
完璧すぎるのはかえってよくないってことで、「わざと」一カ所ヘンなところを残して魔除けにしてるんじゃなかったっけ?
(⇒いわゆる「逆さ柱」のこと)


「それだっ!!!その考え方、いただきます!」ってことで、このまま、あえて直さないことにしました。
今回、自宅用だったということもありますけどね。
これがどなたかへの贈り物なら、ちゃんと直す・・・・・・かな?たぶん。






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
友達へのプレゼントに茶系のサブバッグをふたつ作りました。

P1140128.jpg

↑ これは持ち手を最大限短くした状態です。長く伸ばせば肩掛け、たすき掛けもできます。


同時にプレゼントしたルームシューズ(⇒コチラ)は色違いにしましたが、こちらは ほぼほぼ お揃いに。


あらかじめ、いくつか友達にご要望を聞いたうえで作りました。
いや、要望聞いたのいつ?できるまでに時間かかりすぎですけど~。ユルセ。


旅行のときのサブバッグとして軽く持ちやすく、また、ある程度きちんとした席でも使えるようなフォーマル感も欲しいな~等々。
そして「とにかく、キラキラ にして!」とのこと。


キラキラか~。
これまでキラキラ系ハンドメイドには縁がなかった、わたくし。
できるかどうか、ちょっと心配でしたが・・・・・・やってみたら、楽しかったのよ!
キラキラのテープとか、リボン、ブレードを選ぶのもすごく楽しかったです。
今回は友達用でしたが自分用にもいいかも?なんて思ったりして。
肌や髪にツヤがなくなってくるお年頃なので、持ち物で補っとけ!みたいな感じ?


金色キラキラと組み合わせても下品にならないのは・・・・・・茶系だ!ってことで、ベースはこの色になりました。
ちょっと地味だったかな!?
茶生地自体もグログラン生地なので、ある程度の光沢があります。


ファスナー、金具類もキラキラ金で統一。
普段はアンティークっぽさがある渋金を使うことが多いので、新鮮でした!
P1140138.jpg


表ポケットはひとつで
P1140129.jpg


なかにはポケットふたつ。
画像ではわかりませんが、裏生地も多少、キラキラしてます。
P1140131.jpg


これもご要望で、持ち手の一方が外れる仕様になっています。
ナスカンにすると重くなってしまうのでスナップにしました。
P1140133.jpg


ヒモがずり落ちるのを防ぐため、滑り止めを兼ねて持ち手裏側にレースを付けました。
このへんは双子じゃなく個体差あり。
レースあるの、裏側だからね。
P1140136.jpg


「テーマはキラキラ」でしたが、こうして見ると、たいしてキラキラできませんでしたね。
ごめんね。悪いけど自分でキラキラチャームとか付けてね。






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
13 2017

吉祥寺の美味しいコッペパン

最近、具を自由に選べるコッペパンが大人気ですね。
吉祥寺にも専門店ができるみたいですが、わたしが大好きなのはこちらのコッペパンです!


P1140245.jpg


吉祥寺駅からはちょ~っと離れてますが、いつもお客さんでいっぱいの街のパン屋さん「トーホーベーカリー」です。
前にご紹介した(⇒コチラ)パティスリー「ル・リス」のすぐ近くで、住所は三鷹市になります。
P1140243.jpg


トーホーベーカリー、土曜日のお昼近くだと大混雑でお店に入れないほどなんですよ!
今日はam10:30ごろ行きましたが、それでもレジ待ち行列できてました。


わたしは、ツナフィリングが詰まった「ちくわパン」と、ふわふわ生地の「ピザパン」が大好きです♪
夫は「パニーニ」の大ファン。
あれもこれもと、ついついトレイに載せすぎてしまいます。
試食がいろいろあるのも嬉しい♪


コッペパンコーナーはレジのすぐ横です。
具は一種類か二種類が選べます。
ピーナツ、あんこ、イチゴジャム、マーガリン、生クリームなど、甘い系が主ですね。
ちなみに、コッペパンだけは¥108(税込)だそうです。


コッペパン「あんこ&生クリーム」 ¥172(税込)
具がたっぷりで、ずっしり重いので量ってみました。156g!!!
P1140246.jpg   P1140249.jpg


生クリームとあんこの組み合わせは大好きです!
これひとつでお腹いっぱいに。


レジでお願いすると「パンの耳」がもらえるかも???
今日、いただいたのは3枚入ってました。
P1140247.jpg


実は、トーホーベーカリーに寄ったのは病院帰りでした。
人間ドックで引っかかった箇所の精密検査の結果を聞きに某大学病院へ。
異常ナシ、でしたが、経過観察が必要で来年も要受診、とのことでした。
とりあえず、今年はこれで検査のたぐいは全部おしまい。ホッとしました~。


P1140250.jpg






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
11 2017
ソーイングをしていると針の折れ曲がりは日常茶飯事です。


わたしの場合、ミシンをかけている最中に、はずし遅れて、ミシン針とまち針が衝突して・・・・・・というケースが一番多いかな~?
硬い布、分厚い布に無理に縫い針やまち針を刺したときも!


針を、そのままゴミ袋に直接入れるのは、ちょっと抵抗が・・・・・・。


P1140057.jpg


わたしは、一本、二本なら、こうしてセロテープに挟んで「燃やせないゴミ」の日に捨てています。


P1140058.jpg


大量にある場合はガムテープで。
このあと、ロールケーキのように巻いて捨てます。


以前、「針供養」に行ったこともあります(⇒コチラ)が、このごろは針を預かってくれないところの方が多いようです。


最近は「セルフ針供養」ということで、ひとこと、労をねぎらってからサヨナラするようにしています。
忘れちゃうことの方が多いんですけどね~。
道具あってこそソーイングが楽しめるわけで道具に感謝する気持ちは大事にしたいですね。
「セルフ針供養」、忘れないようにしようっと。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ