あした 家で すごすなら

シンプルなオトナ服と雑貨をメインにハンドメイドを楽しんでいます。                                             さて、あしたは何しましょう…?

またまたお久しぶりになってしまいました。
ソーイングをしてないことはないのですが、なかなかブログに載せるような、まとまった形にならなくて~。


-1115549.jpg


横綱・日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件発覚で最初から暗い影におおわれた九州場所。


食い違う証言、相撲協会の後手後手の対応、暗躍する怪親方。
発覚から、最初の数日は熱心に事件の動向をウオッチしていたわたしも、もはやウンザリ。
どーでもいいですわ、もう。


さらに追い打ちをかけたのは休場明けの横綱・稀勢の里の絶望的な不調です。


場所前情報では、弟弟子の高安や三役クラス力士との稽古もこなし「好調」と報じられていました。
ところが。
初日に姿を見たときに「おや?」と思ったのです。
「全体のフォルムがいつもと違うな~、特に下半身は別人みたいに細いな」と。
仕切り中の蹲踞のとき、おしりから太ももあたりにまるでハリがないのだもの。
もともと下半身にくらべて上半身の方が大きく、ややアンバランス感がある体形ではありましたが。


はたして、目をそむけたくなるような一方的に受ける相撲ばかり。
シロウト目にもはっきり見て取れる急激な下半身の衰えは相当に深刻なレベルです。
9日目終了時点で4勝5敗という惨憺たる結果。
今の実力は十両、幕下どころか、さらに下の三段目クラスでは?と思ってしまうくらい。
ひと場所で金星5つ献上という、ワーストタイ記録を作ってしまいました。
これからは武蔵丸と並び称されてしまうのね・・・・・・。
結局、10日目から休場に追い込まれました。


ツナの責任からだと思いますが中途半端に出場して途中休場を繰り返したのがよくなかったのでしょう。
これまで大きなケガを経験したことがなかったゆえ、ケガとの付き合い方がわからないのかも。


初場所、3月場所と、連続優勝をはたした栄光がウソのようです。
あれから、まだ8カ月しかたってないのに。
一年終わりの九州場所をこんな悲惨な状態で終えようとは。
稀勢の里ご自身が一番つらいでしょうが、われわれファンにとっても深刻。
これで、クリスマスケーキもおせちも味気なくなる事態が決定しましたからね。


(本当は強いのに)あわてて出て行ったから負けた
(本当は強いのに)土俵際の詰めを誤ったから負けた
(本当は強いのに)気持ちで負けた(←それは弱いんだろー!)
何度、期待を裏切られても(本当は強いのに)と信じていられた幸せな日々は過ぎ去りました。


もちろん、稀勢の里の復活を信じたい。
まだ実現していない、白鵬との横綱同士の対戦に堂々と勝利して賜杯を抱く姿を見たい。
でも、そのためには、左肩のケガを治し、左足首のケガを治し、腰のケガを治し、基礎運動で下半身を徹底的に鍛え直し、さらに土俵上の稽古で相撲勘を取り戻し・・・・・・。
これは途方もないことでしょ。
どれほどの時間がかかるのか、どれほどの気力を必要とするのか。


来年の初場所か次の春場所なのか、次に出るときは進退をかける土俵になるでしょう。
とにかく見守るしかありません。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
スポンサーサイト
10 2017
ゆづ選手が前日練習中のケガで今日からのNHK杯を休場することに。
テレビで見ましたが、イヤな感じの転び方でしたね。
「右足関節外側靱帯損傷」とは、どのくらいのケガなのかしら。
残念ではありますが、ここはしっかり治療に専念して欲しいです。


P1140367.jpg


季節の変わり目、恒例行事で夫のパンツの裾上げをしています。

今回はシングルなので難しくはありませんが、いくつかポイントがあります。
覚書として残しておきます。


1.試着して、ちょうど良い位置で裾を折り上げ、まち針でとめる
今回は股下の長さが決まっていたので股十字の部分から長さをはかりました。
P1140355.jpg

2.裾のまつり縫いをほどく
よほど、おみ足が〇じかくていらっしゃる場合をのぞき、ほどかなければ足りなくなってよ!
1.より先にほどいた方がよければそうしてね。

3.切り落とす位置を決める
パンツ長さ+縫い代のところにしるしをつけます。
 股下からの長さをはかるのは一度だけ。
あとは裾からの長さを揃えて点々としるしをつけ自然なラインにつなげます。
この方が楽に正確にできます。スカートの場合も同じ。
P1140350.jpg

縫い代はもともとの幅がそのパンツにちょうど合った長さでしょうから同じにします。
今回は冬物なのでちょい長めで縫い代4cmです。

4.ジグザグミシンで裾を処理する
P1140357.jpg

5.裾をアイロンで折り上げる
ここで初めてパンツを裏返し。
アイロン定規を使い縫い代幅を揃えて折り上げます。
 縫い代が折り重なる部分は厚みが出ますので、気持ち下げる(?)ようにします。
大げさに表示すると、こんな感じ ↓
P1140359(1).jpg

6.まつり縫いで仕上げる
カジュアルなパンツならミシンで縫ってしまってもかまいませんが、やはり手まつりの方が仕上がりに断然!差が付きます。
多少、縫い目が揃わなくても、いいじゃないの!手まつりしよう♪
P1140360.jpg

 表になるべく糸が出ないように気を付けましょう!
表生地の糸を1~2本ひろう感じでOKです。
もっとたくさん生地をひろって、しっかり縫い付けないと落ちてくるのでは?と心配になりますが、意外としっかりクセがついていますので大丈夫。

7.できあがり
P1140370.jpg

「あ~、たいへんやった~!!!」と大げさに疲労感をかもしだしながら夫に渡し、「肩もみ権利」でもプレゼントしてもらいましょうか。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
-1116099.jpg


平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックまで、あと3か月ちょっと。
すでにフィギュアスケートのオリンピックシーズンは始まっています。

グランプリシリーズの前半戦が終わりましたので、ここまでの観戦記をアップしておきます。
すでに2回出場した選手については直近の出場大会の方に書きますね。


第1戦 ロシア大会

 女子シングル

優勝  エフゲーニャ・メドベージェワ  (ロシア)
メドベさんの圧倒的勝利。もう、別格扱いですね・・・・・・。
まったく乱れなし。ほとんどのジャンプで手を上げる余裕っぷり。強い!
体形変化もまだきてませんね(待ってるわけじゃないのよ)
もう、これだけ安定しているのだから、新しいジャンプに挑戦してみたらどうなのかな?


2位  カロリーナ・コストナー (イタリア)
大会に出てくれてお姿を拝見できるだけで嬉しい!なんてと思っていたら、演技も素晴らしかった!
難しいジャンプはありませんが、こんなに仕上げてきてるなんてビックリです。
スーパーカーの滑りは健在でした。


5位  坂本花織 (ジャパン)
フリーで少しミスがありましたが堂々のシニアグランプリデビューだったのではないでしょうか。
笑顔がかわいらしい♡
わたしも目細系日本人なので、勝手に親近感♪(失礼~!)


 男子シングル

優勝  ネイサン・チェン (USA)
ショートプログラム、クールでカッコイイ!
わたしが勝手に選ぶ今シーズンの男子シングルベストショートプログラムに認定です。
解説のよりによって織田さんが指摘したことで話題になった(?)、フリー最後の2トゥループ飛び過ぎ問題は、飛んでなければ同じジャンプの繰り返し違反の方にひっかかっていました。
得点としてはさらに減点されていたので、あえてザヤって正解だったのでした。
わかってやってたんなら、ねーさんくん・・・・・・恐ろしい子!賢すぎる!


2位  羽生結弦 (ジャパン)
ぽろぽろミスがあって僅差で優勝は逃しました。
でも、フリーの4ルッツ成功は大収穫でしたね。
シーズン前は「もう新しい4回転はやらない、完成度を高める」みたいなことを言ってらしたような気がするんですが。
(⇒『スポニチANNEX 2017.04.22』)
それを聞いて「よしよし♪それがいいよ」とわたしも納得だったのですが、フタを開けてみれば、
結局やっとうやないか!
THE負けず嫌い。常に挑戦者。それが、ゆづ選手なのですね。


4位  ミーシャ・ジー (ウズベキスタン)
昨シーズンでの引退を噂されてましたが、現役を続けてくれてます!
ありがとう、ミーシャ。
パーソナルベスト更新の美しい、素晴らしい演技でした!


8位  デニス・ヴァシリエフス (ラトビア)
ランビエールさまが拝見できて喜びひとしおでございます。
プログラムに、ところどころ、ランビエールさまを彷彿とさせる魅力的なシーンがありました。


第2戦 カナダ大会

* 女子シングル

優勝  ケイトリン・オズモンド (カナダ)
好不調がある選手なので、どうかな?と思いましたが、昨シーズンからの好調を維持してます。
大きなジャンプ、大きな表現に加点がばんばん付いてますね。
フリーのブラックスワンは彼女に合ってるのかな?という気もしますが・・・・・・?


2位  マリア・ソツコワ (ロシア)
総合192点台で2位というラッキーガール♪
ロシア大会や中国大会だったら表彰台に上がれていない点数です。
ショート、フリーともクラシック曲で、清楚で透明感のあるソツコワ選手の個性にぴったり。
ロシアのオリンピック代表3枠目に滑り込めるかな?


3位  アシュリー・ワグナー (USA)
こちらも総合183点台で表彰台です。
さすがアシュリー選手、勝負強い!
回転不足の克服が今後のカギですね。


5位  本田真凛 (ジャパン)
ショートの大失敗が残念!
普通にできていれば2位か3位にはなれたでしょうに。
とはいえ、これがシニアグランプリデビュー戦。
フリーで立て直すことができましたし、成果も大きかったことでしょう。


6位  本郷理華 (ジャパン)
回転不足が、ことに多い印象だったカナダ大会女子シングル。
なかでも本郷さん・・・・・・標的にされちゃいましたかね?
不調だった昨シーズンから、だいぶ調子を戻しているように見えましたが、回転不足だらけで得点が伸びず。
フリーの「フリーダ」は、とってもいいプログラムだと思います。ガンバレ!


9位  アンナ・ポゴリラヤ (ロシア)
ショートはまとめたのに、昨シーズンの世界選手権に続き、フリーで大乱調に。
ポゴさん、またまた、どうしたんでしょう?
こういうことを繰り返してしまうとオリンピック代表に選ばれづらくなってしまうのでは。
大人っぽい独特の雰囲気を持つステキな選手なので頑張ってほしいけど。


 男子シングル

優勝  宇野昌磨 (ジャパン)
2位に40点以上の差をつける圧勝でした。安定感ありますね!
宇野選手、演技中にも笑顔があったり、出番前にも他の選手の演技を見ていたり、独特のリラックス方法が興味深い。
パトちゃんやブラウン選手より演技構成点が高かった!
ぐんぐん評価も上げてゆづ選手の背後にピタリ、って感じですかね。


2位  ジェイソン・ブラウン (USA)
練習では4回転、降りてるそうですが、本番ではなかなか入りませんね。
でもね、そんなんどうでもいいんです。
ああ、ブラウン選手の演技のような、ひときわ素晴らしいスピンやステップには4回転なみの高得点がつけばいいのに~。
オリンピック後はそっち方向でルール改正してくれないかな?


4位  パトリック・チャン (カナダ)
カナダ大会ではいつも優勝している印象ですが、今回はふるわず。
ショートはパトちゃんの一級品の滑りが堪能できる好プログラムと感じましたが、フリーは・・・・・・。
「ハレルヤ」、ぬ~、あんまり好きじゃないかも(個人の感想です!)


12位  無良崇人 (ジャパン)
オリンピック3枠目獲得にむけてアピールしたいところだったと思うのですが。
無良くん、大事なところで、こういう崩れ方しちゃうことがありますね・・・・・・。
オペラ座、わたしは好きなプログラムなので次戦に期待します。


第3戦 中国大会

 女子シングル

優勝  アリーナ・ザギトワ (ロシア)
昨シーズンのジュニアチャンピオンがシニアグランプリ初挑戦で初優勝です!
可憐なルックスに似合わない、ショートもフリーもジャンプは全部ジャンプは後半という強気なプログラム。
前半はスピンとステップだけなので、普通なら間延びしそうですが、質が高く見応えあるので、あっというまに後半になるんですよね~。
ジャンプは、あのメドベ選手をも上回る、ダントツの高難度構成です。
技術点はもちろんですが、演技構成点もかなり出ましたね!
ロシア女子オリンピック出場3枠のうち、メドベ選手とザギトワ選手は内定だな!感がさらに強まりました。


2位  樋口新葉 (ジャパン)
驚くような進化をとげていますね!
ジャンプは安定しているし、なにより表現が昨シーズンより洗練されて格段によくなっています!
ショート&フリーとも新葉さんの良さを存分に見せてくれるいいプログラムですね~。
ルッツ飛ぶ前の待ち時間があとちょっと短くなるともっといいかも。
フリーの衣装は足が長く細く見えるよ~。
NHK杯のさとこさんを見ないとわかりませんが、現時点では日本女子の中で、ちょっと抜けた感があるかも。
ガンバレ!浅草橋の星☆


3位  エレーナ・ラディオノワ (ロシア)
僅差で3位に入りました!
大人っぽくなり表現豊かな演技は素敵ですが、ジャンプの安定感がちょっと・・・・・・。
背がぐんと伸びて、手足が長くなりすぎてコントロールしきれなくなっている印象があります。


4位  三原舞依 (ジャパン)
僅差のくやしい4位。
「中国大会の女子シングルは6戦中一番厳しい!」との前評判通り、大接戦になりました。
ほんのちょっとのミスがあった舞依さんがショート66点台を出しながら7位で後半グループに入れないという厳しさ。
今さらですが舞依さんはカナダに出てほしかったかも。
フリーは伸びやかで柔らかな本来の滑りを見せてくれました。
舞依さんのふんわりとピュアなスケートはあたたかい幸せを届けてくれますね♪
次はフランス大会に出場ですか・・・・・・ザギトワ、オズモンドなど強敵と一緒になりますが、ガンバレ舞依さん!


5位  本田真凛 (ジャパン)
カナダと同じ順位ではありますが、内容的にはずっとよかったですね。
ジュニアでは実績を残した真凛さんも、シニアのトップレベルで戦うにはまだちょ~っと足りない部分があるかな~???
滑走後、巨大縫いぐるみをプレゼントするのが中国の流行りですかね?
「豆本豆」ってなんだろう?


6位  ガブリエル・デールマン (カナダ)
3回転-3回転はトゥループ×2ながら相変わらず巨大で加点がすごい。
昨シーズンの世界選手権銅メダルの自信と風格が漂ってました。
フリーは、ぽろぽろミスがあって伸びず。
それでも充分、高得点なのに6位とは不運でした!


7位  エリザベータ・タクタミシェワ (ロシア)
フリーで3Aに挑戦してくれました!
ロシアのトップ選手はもっと3Aに取り組んで欲しいな~。
彼女も、高得点を出しながらも、7位という不運な結果に。


8位  李 香凝 (チャイナ)
小柄ですが身体能力が高い選手ですね。スピンがきれい!
オリンピックは中国1枠しかないのでジジュンちゃんではなくこの子が代表になるかもしれません。


 男子シングル

フリーはミスが連鎖してしまい、アーロン選手の176点代が最高という意外な結果に。
全選手が非常に難しい構成で挑んでいるだけに、場合によってはこんな結果になってしまうこともあるんですね。
200点出せる実力がある、ぼうやんとナンデスくんの低すぎる得点にびっくり。


優勝  ミハイル・コリヤダ (ロシア)
ロシア大会では初表彰台、そして中国大会ではグランプリシリーズ初優勝&ファイナル一番乗りおめでとう!
中国大会、ショートは4ルッツ成功&ノーミスで初の100点越え!
4ルッツの高さと質は世界一では?
わたしも大好き♪なコリヤダ選手の端正な滑りは高く評価されていて演技構成点が高い!
これでオリンピックのメダル候補に加わったと言えそうですね。
ショートとフリーと揃えるのが課題かな?


2位  ボーヤン・ジン (チャイナ)
ショートの「グリーンディステニー」かっこいいです!
もはや、ジャンプばっかりのイメージから完全に脱却したと言っていいのでは?
フリーは珍しく大きく崩れてしまいましたね。
ファイナル進出は次戦次第ですね。


4位  ビンセント・ジョウ (USA)
今大会でわたしが一番注目していた選手です。
昨シーズンのジュニアの世界チャンピオンのグランプリデビュー戦です。
4ルッツ+3トゥループ 軸がまっすぐで美しい!
しかもトゥループは両手を上げていて、その手の上げ方がまたキレイ。
フリーは後半にも4ルッツ入れてます!
柔軟性があって、スピンもステップも上手。
これは、また大変な選手が出てきました
クリーンにできれば一気にトップレベルに入ってくる可能性も。
ビンセントくんのキスクラに「どーもくん」の縫いぐるみが。中国大会なのに、なぜ?


5位  ハン・ヤン (チャイナ)
ケガで低迷していましたが、だいぶ戻ってきましたね。
アクセルは相変わらず素晴らしいけど4回転がトゥループしかないのでトップグループに入るのはいまの時代ちょっと難しい。
表現面はすごく向上していて見応えある内容になっています。
あの髪色はギンコ?


7位  田中刑事 (ジャパン)
デカくん、ロシア大会は怪我で欠場とのことで心配しましたが中国大会では元気な姿を見せてくれてひと安心。
ショートはパーソナルベストを更新する素晴らしい滑りでした。
高橋大輔選手を思い出す「ブルース」。難しい曲をしっかり表現してましたね!
フリーはちょっと残念でした。なんでもないところで転んでしまったり。
怪我の影響が多少、出てしまったかな?



パトちゃんとナンデスくん
ベテランと呼ばれる年代になった2人。
オリンピックシーズンのグランプリ初戦はともに表彰台を逃す意外な結果に!
2人ともジャンプが崩れました・・・・・・。
滑りはサスガで、ナンデスくんのフリー「ラマンチャの男」はわたしが勝手に選ぶ今シーズンの男子シングルベストフリープログラムに認定してます。
パトちゃん、珍しく今年はNHK杯に来てくれるってことで、すっごく楽しみにしてたんですけど棄権になったんですね。
ちょ~ガッカリですわ。。。
まだオリンピックまで3か月あるわけですから、いま絶好調でも意味ないので、わたしは特に心配していません。
きっと来年2月にピークをもってくるベテランならではの作戦では!?
このおふたりは評価も確立しているしファイナルに出られなくとも特に痛手ってこともないでしょう。



山本草太くん
ここでぜひ草太くんを取り上げておきたい!
草太くんが、ジュニアのグランプリシリーズや世界選手権で大活躍していた2年前の今ごろ、「ピョンチャン代表はゆづ&昌磨&草太、かな?若手が順調に伸びてきて、なんか、幸せ~♪」と思っていました。
ゆづ&昌磨の活躍はご存じの通りですが、草太くんはケガが重なり、昨シーズンはまるまるお休みする形に。
姿が見えない間も、ずっと気になっていた草太くんの動向。
今シーズンは地方の予選から出場し、勝ちあがって年末の全日本に出場が決定しました!
嬉しい~!!!
ジャンプのレベルはまだ戻ってはいない様子ですが少しずつ上げていければいいよね。
あの、目がなくなる、すてきな笑顔が見られますように。



フィギュアって本当に楽しいですね!
さあ、今週末はNHK杯です。
って、また大相撲九州場所とかぶってる!
日曜日は忙しいことになりそうです。。。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
02 2017

秋ごはん

昨日、おとといと、たまたま同じスーパーに買い物に行ったんですが。
31日までハロウィングッズだったコーナーが一夜にしてクリスマスになっていてビックリ!
そっか、もう11月だものね。
まだ、先と思っていても、きっと、あっという間なのでしょうね。


秋本番、美味しいモノが目白押しの季節になりました!


秋の味覚といえば、サンマですが。
今年は圧倒的にサンマ回数が少ない我が家です。
これまでに、やっと2度ほど。


P1140284.jpg


不漁のせいで例年より価格が高いにもかかわらず、売り場に並ぶのは小さくてほっそりとスリムなサンマばかり・・・・・・。
なかなか買う気になれないのよ。
これが今年だけの現象だと良いのだけれど。


こちらも毎年恒例の栗ごはん、今年はこんな栗を使いました。
P1140252.jpg   P1140254.jpg


かんじんの栗ごはんの写真は撮り忘れ
昨年の栗ごはん画像をごそごそ探してみたよ。今年もこんなんです。
土鍋炊きなのでおこげ付き。
P1120686.jpg


チョコ好き夫は秋冬限定「ラミーチョコレート」を6つも冷蔵庫にストックしてます。
いいよ、いいよ。
わたしも「明治 エッセルスーパーカップ Sweet’s 苺ショートケーキ」をすでに2度ほど食べてますので~。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
いまさらですが(約2週間遅れ)、エアレース話題を。
応援している室屋義秀選手が最終戦で優勝し、初の年間総合優勝の栄誉に輝きました~!!!
おめでとうございます!!!


 エアレースについては ⇒ コチラ


最終戦の、それも最後のフライトで年間王者が決まるという劇的なラストでした。
注目は、ずっとランキングトップを争ってきたライバルのマルティン・ションカ選手(チェコ)との対決。
ションカ、ションカ、ションカのチョコレート~♪(→無関係です)


決戦の地、エアレース最終戦は インディアナポリス(米) 10/14-15 開催でした。
よりによって、強風が吹き荒れる、ムチャムチャの大荒れ大会に。
こんなにたくさんパイロンヒットした大会初めてじゃないでしょうか?


予選は機体トラブルに見舞われて、いいタイムが出せなかった室屋選手。
まず、初戦の「ラウンドオブ14」で、ションカvs室屋の直接対決に!いきなりですか~。
ここで勝ち抜いた方が年間王者に大きく前進となります。
先に飛んだ室屋選手、ミスが出たにもかかわらず、ションカ選手をかわします。やった!
これで決まり?と思いきや、なんとションカ選手が敗者復活の1枠に滑り込むという展開。
さすが年間王者を争ってきただけあり、上手いし、しぶとい!


その後のフライトではションカ選手の方がタイム的に有利な状況で進み、ラストの4強対決へ。
室屋優勝&ションカ3位以下でないと室屋選手の年間王者はありません。
じわじわ広がるイヤ~な雰囲気。
もう少しのところで届かないの、か・・・・・・?!


と・こ・ろ・がっ!
室屋選手が神がかり的な速さを見せ、神がかり的なタイムをマーク。
最後に飛んだションカ選手およばず、室屋選手の優勝&年間総合優勝が決まりました。
まさかまさかの、スポ根マンガのような結末ですよね~。
結果として2017年は全8戦のうち4戦で勝利するという堂々たる成績です。
年間総合優勝は日本人初&アジア人初の快挙です!


チームメイトと喜びをわかちあい、涙する室屋選手の姿に思わずホロリ
ここまでの室屋選手、けっして順風満帆ではありませんでした。
2009年シーズンからエアレースに参加するも、なかなかトップには届かず。
待望の初優勝は昨年の千葉大会。参戦8シーズン目という遅咲きの花です。
パイロット、操縦スキル、機体、スタッフなどなど、すべてのピースは揃っているのに、うまくはまらない・・・・・・。
結果に結びつかず、モヤモヤ&ヤキモキする日々もありました。


おめでとう!室屋選手!
ますますのご活躍を祈っております。


P1140346.jpg
(2017.10.30早朝夫撮影)


それにしても、日本のマスコミの扱いの小さ~いこと!総合優勝なのに~。
「こんなにマイナーなんだ・・・・・・」とあらためて思い知らされました。
空のF1「エアレース」、わかりやすくて面白いので、ぜひ観戦してみてください。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ