FC2ブログ

あした 家で すごすなら

シンプルなオトナ服と雑貨をメインにハンドメイドを楽しんでいます。                                             さて、あしたは何しましょう…?

-1116099.jpg

今年もフィギュアスケートのシーズンが本格化しています。
先月から始まった、フィギュアスケート・グランプリシリーズは、全6戦のうち前半のアメリカ・カナダ・フィンランド大会が終わりました。


今日の午後からは4戦目のNHK杯が始まります~!
大相撲も日曜日から九州場所が始まります~! ←?
大あわてで、前半戦について振り返っておきます。


 男子シングル

1.ミハル・ブレジナ(チェコ)の復活!
前半戦でもっとも強烈な印象を残したのはブレジナ選手です!
転倒するイメージしかなかった(ごめんなさい!)4回転サルコウが今シーズンは気持ちよくバシバシ決まること!
ジャンプさえ決まれば他の要素はもともと質が高いので高得点は約束されたようなもの。
大幅ルール改正もブレジナ選手には追い風になっているようで。
28歳にして、キャリア最高の調子のよさなんじゃない!?
オリンピックが終わって現役を続けるかどうか悩んだろうと思いますが、続ける選択をしてよかったですね。
ぜひファイナルに進出して欲しい!


2.ネイサン・チェン(USA)の身体とジャンプが変わった?
アメリカ大会優勝のネイサン選手、身体が見違えるようにがっちりと変わっていました!
特に太ももが発達した印象。衣装の上からでもはっきりわかる筋肉がすごい!
これまで、ゆづ選手やぼーやん選手のように細い軸で素早く回転する4回転ジャンプを跳んでいたネイサン選手。
それが、パワーで持って行くタイプに変わったような?
ブライアン・ジュペール選手やキャリア後半のプルシェンコ選手のような感じですかね。
どちらかと言うと、力に頼るジャンプは質が落ちて成功率も低めになる傾向があると思います。
今後のネイサン選手の動向に注目です!


3.次世代を担う期待の若手が登場
オリンピックを区切りに引退する選手が多いため、入れ替わりでフレッシュな選手が登場するのが今シーズンの楽しみでもあります。
と、言いつつ、ここまでのところ、ベテランの頑張りが目立っているような気がしますが・・・・・・。
カナダ、フィンランドと2大会連続表彰台に載ったチャ・ジュンファン(韓国)が期待の若手筆頭でしょうか。
マッテオ・リッツオ(イタリア)、ジュリアン・ジー・ジェー・イー(マレーシア)、ロシアの若手たち(難しくて名前が出てこない~)そしてニッポンの若手にも頑張ってほしいです。


 女子シングル

1.坂本花織(ジャパン)の芸風が確立か!?
明るく健康的なキャラクター、高さと幅があるジャンプ、パワフルな演技の坂本選手。
華やかでアップテンポな曲を選びそうなものですが、あえて、しっとりした曲で滑るのが坂本チョイスです。
昨年はちょっと違和感がありましたが、今年はすっかり馴染み、芸風として完全に確立したと思います!
オリンピック堂々6位入賞の自信も後押ししたものか、動きも洗練されて風格も出てきましたね。
演技構成点もすご~く高くなったし!
フィンランド大会のショートではミスがありましたが、それもいい経験になったようで。
昨年からの成長ぶりには目を見張るものがありますが、それでもまだまだ伸び代が隠れてそうでスゴイ。
今シーズンも彼女から目が離せません!


2.なぜかオリンピックの翌シーズンに好調なエリザベータ・タクタミシェワ(ロシア)
カナダ大会では見事なトリプルアクセルを決めて優勝したタクタミ選手!
思い起こせば4年前、ソチオリンピック後のシーズンも絶好調で負け知らず、世界選手権も優勝でしたね。
そういう不思議なめぐりあわせの下にある選手なのでしょうか?


3.トップグループに異変か?
前半の3戦で表彰台に乗ったのはロシアと日本の選手だけなんですよね。
ちょっと寂しいかな?オリンピック後で、お休み(?)している選手も多いからですけどね~。
オズモンド選手、コストナー選手、ワグナー選手などなど・・・・・・。
アメリカ大会では「ミス・パーフェクト完全復活!」な演技で優勝した宮原知子選手、グランプリデビューのカナダ大会で堂々2位表彰台の山下真瑚選手など日本選手は概ねいい傾向で進んでいますね。
これまで、まずミスがなかったメドベ選手やザギトワ選手にジャンプの転倒や抜け、回転不足が見られるようになってきたのは気になるところ。
次世代のロシア若手から誰が抜けてくるのか?も、まだまだ混沌としてわかりません。
オリンピック後の日露トップ争いやいかに!?
ほかの国の選手もがんばって!
いろんなお国から多様な選手が集まってこそ、楽しいフィギュアスケートですから。



さあ、今日から3日間はオールライブ放送のNHK杯です!
ペアもダンスも、ぜーんぶ見られます!
男子シングルには山本草太くんが出場します!
毎年、NHK杯は楽しみですが、そーたくん見たさに例年以上にテンションが高いわたしです♪
楽しみ~♪


・・・・・・えっ!?
九州場所は白鵬と鶴竜と、ふたりとも休場なの!?
もしかして、チャンス!?(←きっと違う)
アイスダンスのギョーム&シゼロン組も休場欠場なのね~、残念。




 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
スポンサーサイト
01 2018

第86回(2018)独立展に行ってきました

芸術の秋です!
招待券をいただいて現代アートの展覧会へ行ってきました。
独立美術協会主催の 第86回(2018)独立展 です!


もっぱら古美術好きのわたしですが、ちょうど先月、この本を読みまして  


 
『感性は感動しないー美術の見方、批評の作法』
椹木野衣(著)世界思想社 2018.07




Amazon.co.jp



これまで「わかんないから」のひとことで敬遠しがちでしたが、現代アートへの興味がムクムク湧いてきました!
「苦手意識克服のチャ~ンス!どんとこい現代アート!」な気分。
ウキウキと会場の国立新美術館へ出掛けました~。


地下鉄「乃木坂」駅直結の入り口から館内へ。
直結、といっても地下でつながっているわけではないので、たどりつくまでけっこう時間がかかります
CA3K02850001.jpg


とっても広い国立新美術館、同時に4つの展覧会が開催されていました。
独立展の会場は1階から3階まであり、展示総数700点という大ボリューム!
ペース配分に気を付けねば、最後まで観賞できないかも。
こころして入場です!

ちなみに場内は撮影自由でした。
そういう展覧会、最近、増えていますね。
気に入った作品と記念撮影なさるお客さんもいらっしゃいました。
嬉しくて、わたしもたくさん撮影してしまいました~。


1.お目当ての作品は早めに鑑賞する

これだけの展示数ですからね!
すべてを同じテンションで鑑賞するのは無理。
お目当ての作品はエネルギーがある最初のうちに観といた方がよろし、ということで。

半那裕子(はんなひろこ)
「The Cheshire-Cat is sitting near Alice」
CA3K03000001(1).jpg

半那裕子さんが描かれる「不思議の国のアリス」の幻想的な世界が好きです。
いつもポストカードサイズの作品しか見ていないわたし、150号( 227.3cm×181.8cm)の大画面は迫力たっぷりで圧倒されました!
スモーキーで落ち着いた穏やかな色調の、静けさに満ちた画面に潜む緊張感。
一瞬で半那さんのワンダーランドに包み込まれ、歯の根が合わずガクガク、足元ブルブル。
こんな体験は実物を目の前にしてこそ!ですね。

樹下に広がる、まがまがしい影は・・・・・・。
CA3K03020001.jpg

影に飲み込まれるかも!
思わず自分の足もとを見てしまいました。

半那さんが描くアリスの魅力は何と言ってもその目でしょう!
CA3K03030001.jpg

どこか遠くを見ているような、焦点が合わないうつろな目。
なにも見ていないようでいて、すべてを見通しているような目。
この絵では特に右目の闇が深い!

半那さんの描くアリスはいつもこんな目をしています。
アリスの目に何が映っているのか。
想像するのは怖ろしくてたまらないけれど、語りかけずにはいられません。

あなたはどうしてそんな目をしているの?
寂しいの?悲しいの?泣きたいの?
あなたがいるところはファンタジックな楽しいワンダーランドなのに?

・・・・・・あなたのその目には何が映っているの?
もしかしたら。
あなたはこちらの世界を見ているのですか?
いま、わたしがあなたの世界をのぞき込んでいるように。

あなたの、その目は。
こちらの世界があまりに醜いからですか?
ならば、この世界に生きるわたしはどうしたらいいのですか?
答えがない問いかけを繰り返し、こころは揺さぶられ続けます。

それでもアリスに話しかけたあとは気持ちが洗われたようにすっと軽くなります。
わたしの代わりにアリスがこの世の罪を引き受けてくれたようで。
半那さんの描くアリス、わたしにはどこか仏像(仏画)や聖画に通じるように思えるのです。

勝手なこと言ってるけど、それ作者の意図と全然違うんじゃないの?
そうかもしれません。いえ、きっとそうでしょう。
でも、作者の手を離れたいま、この絵はわたしだけのもの。
つぎつぎと湧きあがる想像を誰も止められません。
ある程度、評価や解釈が定まっている古美術より、ずっと自由なところが現代アートのよいところ♪
現代アートって楽しいね。

P1150232.jpg
ポストカード買いました♪


2.額縁を鑑賞する

現代アート展は、そのまま現代額縁展示会でもあります。
額縁に注目して見てみよう!
いろんな額縁があるものですね~。
アクリル板かな?透明なのとか。
額縁にメッセージが隠されていたり。
額縁がないのも表現の一環なのかな?と思ったり。

わたしが一番面白いな!と思ったのはこちら。
CA3K02990001.jpg
泳ぎ回る少年たちの絵の四方に金属の手すり!


3.鑑賞者を観賞する

平日のお昼前後という時間帯もあってか、客層は圧倒的にシニア層でした。
みなさん、お元気でなによりですわ。

1階は大作がゆったり展示されているのでお客さんも余裕のよっちゃん。
みなさん、和気あいあいで一点一点しっかり鑑賞されてます。
CA3K02860001.jpg

2階からは展示密度が急に上がります。壁びっしり上下二段に。
口数少なく、四角い会場を丸くまわる方が増えてきたようで。
CA3K03130001.jpg
 
3階はお客さん激減!立ちどまることなく歩いて通りすぎるだけの方、多数。
わたしも完全にグロッキー。でも3階にも素敵な作品がたくさんあったのでもったいなかった!

色使いがステキ!刺しゅうの参考になりそう~。
CA3K03270001.jpg

若冲を思わせる細密画、ステキ!
CA3K03300001.jpg

興福寺の無着世親像インスパイア系?
CA3K03340001.jpg

もう、お腹が空いたって感想しかない(このとき13:10)。ごめんなさい~。
CA3K03250001.jpg


4.美術館を鑑賞する

建物そのものがアートな国立新美術館、館内にもアートなスポットが満載!
ゆっくり見て回りたかったのですが、独立展だけで身も心もくたびれてしまい・・・・・・。
次回のお楽しみ、ってことで。

CA3K03390001.jpg

館内のレストランにも入ってみたかったのですが、どこも激混み!
売店のお弁当やサンドイッチのショーケースはからっぽ!
平日なのに!?
仕方ないので渋谷まで出て遅いランチにしましたとさ。


そんなわけで、現代アートに親しんだ、優雅な秋の一日でした!






 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
以前、東京駅構内のお店を紹介したことがある(⇒コチラ)、フルーツパーラーの果実園さん。
今年4月に吉祥寺店が東急百貨店内にオープンしました。
モーニングに行って来ましたよ!


P1150218.jpg
(もう10月ですがメニューは変わってませんでした!)


果実園リーベル吉祥寺店のモーニングがいただけるのは百貨店がオープンする10:00から11:00までの1時間だけ。
レア・メニューなのです!


本日のセレクトパンケーキ(税込¥950) コーヒーor紅茶付き
CA3K02810001.jpg
(お店の方の許可を得て撮影しました)


セレクトパンケーキはマンゴー・パイン・キウィからフルーツを選びます。
マンゴーにしました♪
飲み物はホットコーヒーです。


CA3K02820001.jpg


お皿からあふれんばかりのマンゴーがステキです♪
香りよく甘さもちょうどよく食べごろでとっても美味しいマンゴーでした。
シャインマスカットのおまけ?が嬉しい!


パンケーキは1枚です。
たっぷりの生クリームとメープルシロップ付き。
焼き立て、ではありません。しっかり冷めてます~。でも美味しいです!
オーダーから出てくるまで30分近くあったので、パンケーキ焼いてるのかな~?と思ったんですけど違ったみたい(人手不足?)。
でも、生クリーム&フルーツにはこの方が合うかもね。


CA3K02830001.jpg


フルーツヨーグルトの中にはイチゴ・ブルーベリー・バナナ・キウィ・パインがたっぷり。
モーニングにしては値段はお高めですが、これだけたくさんのフルーツがいただければ大満足♪
窓際がカウンター席になっていますので、おひとりさまでも入りやすいです。


ということで、前回から2週間ちょっと、今日、早くも再訪してしまいました~!
「贅沢は魂を病ませる」(英国BBCドラマ『ミニチュア作家』2017より)
「でもフルーツは魂を豊かにもする」(サワらか2018)


本日のセレクトパンケーキ(税込¥950) フリードリンク付き
P1150222.jpg
(今日もお店の方の許可を得て撮影しました)


セレクトパンケーキは変わらずマンゴー・パイン・キウィからフルーツを選びます。
今日はパインにしました♪


「飲み物はホットコ……」と店員さんに伝えようとしたら。
「フリードリンクになっておりますので」とのこと。
いつのまにか、セルフのフリードリンクに変わっていました!


シンプルにコーヒー、紅茶、アイスコーヒー、アイスティーだけのドリンクバーです。
モーニングだけではなくランチタイムもフリードリンクだそう(人手不足?)。
P1150219.jpg


今日もお気に入りの明るい窓際カウンター席で♪
パンケーキが届くまで今日も30分近くかかりましたがドリンクバーがあればそれほど気になりませんね。
P1150221.jpg


ホットティーはティーバッグです。
でも濃く出てけっこう美味しかったですよ。
P1150224.jpg


フルーツヨーグルトのフルーツも前回と変わらず、イチゴ・ブルーベリー・バナナ・キウィ・パインでした。
パインがダブるので、マンゴーを選んだ方がいいかも?
完熟パイン、美味しいんですけど、パインって一度にたくさん食べると喉のあたりがイガイガなりませんか?
今日は途中でそうなってしまいまして~。
やっぱりマンゴーを選んだ方がいいかも?


お店を出たのは11:20過ぎでしたが、すでに店内は満席。
お待ちのお客さんも3~4組くらい、いらっしゃいました。
オープンから半年、すでに大人気店ですね。




 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
22 2018
気が付けば10月も20日過ぎ。
ついこの間まで暑かったのに、すっかり秋も本番です。
あっという間に年末になってしまいそうな気がしています。


P1150158.jpg


この秋、流行りらしい十分丈レギンスコーディネート。
わたしもちょっとやってみたいな~、と思うものの、レギンスははきたくない気分なのですよ。
お腹まわりがもこもこするし、キツイし、締め付けでかゆくなったりするし(中高年的な悩み)


わたしの場合、どうせ合わせるのは長めのスカートやパンツなのでハイソックスの長さがあれば充分。
ハイソックスタイプで足首がない、「レギンス見え」するソックス(レッグウォーマー?)があればいいな~、と探してみましたが思うような品は見つかりませんでした。


なければ、自分で作ってみよう!
ハイソックスの足首部分を切り取ってしまえばいいのです。


失敗したときのために、お安いソックスで試し縫いをすることに。
さっそく激安靴下ショップが多い吉祥寺で、黒のハイソックス一足¥108(税込)を購入で~す♪


縫い代分1cmをプラスして、足首部分をカット。
あとは、ぐるっと縫うだけ。
P1150157.jpg


ちょっと(だいぶ?)縫い伸びてしまいました
伸縮性のある生地は難しいな~。
家庭用ミシンでやってますのでね、とミシンのせいにしたりして。
P1150161.jpg


はいてみると、こんな感じです。
縫い伸び、それほど目立っていません(と思いたい)。
P1150202.jpg


ということで、これでいいや!





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
09 2018

サバ缶、流行中です!

世間では、いまサバ缶が大ブーム。
ウチでも、もれなく大流行してます!

P1150103.jpg

人気がありすぎて先月は近所のスーパーでも品薄になるお店がチラホラ。
味噌煮はあっても水煮はなかったり。
今月に入って、供給はやや安定してきたみたいですけど。
安売りは減って、あっても以前より割高になっています。
一缶 ¥99 → ¥129 とか。
(日々、動向をウォッチしてたりする)


レシピ本もいろいろ出てますね~。
興味があるので、片っ端から読んでますよ。


お気に入りメニューはこちら。


【水煮缶で】
深めのうつわに水煮缶を煮汁ごとあけ、針状に刻んだ新ショウガとカイワレ大根をのっけて麺つゆをかけるだけ。
冷やすとより美味しいです。
夏場は素麺やざるそばに添えるおかずとして大活躍でした。
P1150049.jpg


【味噌煮缶で】
ナスとピーマンをサッと炒めてから味噌煮缶を汁ごと加えて全体を混ぜるだけ。
調味料いらずです。
P1150132.jpg


今日もセールで、つい6缶買い込んでしまいました~。
いま保管庫にあるサバ缶、数えたら15缶も!
(水煮7、味噌煮6、しょうゆ2)
ちょっと増殖しすぎか?


缶詰って、これまでは「保存食」なイメージしかありませんでした。
普段のおかずの材料にするっていう発想がなかったんですけど、使ってみればとっても便利♪
良質なたんぱく質だし、ヘルシーだし、骨まで食べられて身体にもいいし。


いまは、洋風メニューにも活用したいな♪と研究中です。





 ブログのランキングに参加しています 
  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ